キャンプ PART1(EU16iのインプレ編)

えーーと
土日とバイクがらみでキャンプに行ってきました。
(モービルからもA1CのOAMにもチェックインしたぞ)
このキャンプの記事は、PART1とPART2に記事を分けます。
まずは、PART1!

で、夜は恒例(高齢 lol)の直火の焚き火!
これが良いんだな!!
20110605_1.jpg


次、
HONDAの発発(EU16i)を買ったので、試しに使ってみた。
まずは、バイク洗車の為に、友人のケルヒャーの高圧洗浄機
を駆動してみた。高圧洗浄機は定格 1200Wの消費電力
と書かれており、この発電機は1600WまでOKなんだが
普通は負荷する側がモーター等の場合、モーターの起動時
には定格以上の電流が流れる為に せめて半分の余裕を持ちたい
ところだが、実際に動くかやってみたところ、充分起動でき
パワフルに洗車できました。

動画はこんな感じ


http://www.youtube.com/watch?v=-mIlpettIuA
ケルヒャー使用は、○

次、
私の車は、HF~430までQRVできる FT857DMという無線機
を積んでいます。その電源は、普段は、車に標準に付いている
バッテリーに繋いで使っていますが、エンジンを止めて
50W送信すると、バッテリー容量が減り 数時間で 自動車の
エンジンが始動できなくなる恐れがある。

これに対して、最近は、105Ah程度の ディープサイクルバッテリー
をサブバッテリーとして積み、普段の走行時に充電しておいて
車のエンジンを止めて無線を運用する際は、サブバッテリー
からだけの供給として行っている人が多いようだ。
確かに、バッテリーなので 音しないし、ノイズも出ないので
非常に良い方式なのだ。
しかし、常にクソ重たい 105Ahのバッテリーを積むのも
なんだか少し気が引ける。。

なので、特に無線をするために買った発電機ではないのだが
ちょっと、無線用に使ってみた。
このHONDAの発発EU16iは、AC100Vは当然出るのだが、DC12Vも(8A)
も出力できる。(バッテリー充電用)
よって、車のエンジンを切って、この発電機の12Vを車のバッテリー
に繋いで、無線機を使ってみた。
こういう使い方はして良いものなのか良く分からんのだが。。。
(普通は、AC100Vに無線用の12V安定化電源を繋いでやっているみたいですが)


一番懸念されるのは、エンジン音と発電機から発せられるパルスノイズ。

結果として、
エンジン音(エコスロット「入」では 12V充電できないので、発発の回転が上がる
エコスロットル「切」の状態でやらねばならないが、音はほとんど気にならない程
で車内には入ってこない。 ノイズの方だが、確かに発生するが、交信に支障が出る
程のノイズは、ボキの環境下では大丈夫だった。

20110605_2.jpg


その動画がこれ。


http://www.youtube.com/watch?v=wh5m0sViHos



http://www.youtube.com/watch?v=FGVfoLcMuJU

なので、特に、50W運用の無線には問題ないようだ。
(再度書くけど こういう使い方良いのかな?)

P.S.
EU16iの欠点は、3つかな?
・20.5kgは、重く感じる

・ガソリンを入れるところが確かに小さいので
 ガソリン入れながら、給油状態を確認しにくいのでこぼす。

・長期保管時には、キャブレータのドレインから フロート室
 のガソリンを抜かないとならない。 発発エンジン動かしながら
 コックOFFにして フロート室のガシリンを抜く手法は取れない
 (しかし、アクセスは良いので 特に苦にはならない)
 また、この発電機は 燃料タンクからの燃料は、重力による
 自然落下でなく、ポンプを使っている模様なのでこのような
 仕様になっているみたいだ。
ね?ノイズ気にならないでしょ?

というとこでした。
Bye
DIRTBIKE RIDER aka JJ1IZW

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: