KX1専用 リニアアンプの受信Delay回路付き強制スタンバイ

やっと、できました、できました。
KEMの リニアアンプをKX1にて 強制スタンバイと受信Delayを
させる事にやっとできました。

まずは、BWT(Jun)さんの力を借りてできました。
私のスキルではとても無理ですね。
定数決めや、ちょっとした誤動作時の対処する知恵等。。。

そんでもって、
まずは、KX1側
強制スタンバイ用のジャックを追加

kx1_stanby2.jpg
場所は、DCジャックの下、ATU基板に切り欠きがあり、ギリギリ入ります。
(上のネジは逆サイドにも付いていて、これは、今回とは関係ありませんが
 秘密のネジです。Hi 今後分かります)


KX1の中はこんな感じです。ダイオード1個入っています。

kx1_stanby1.jpg
ここは、ATU基板とメイン基板でスペースがあるので、軽く入ります。
/MUTE から スタンバイ信号を取り出しています。



次に、KEM側
KEMの基板の上に小さい、基板をつけてそこに、受信Delay回路をつけてから
KEMのRelayに繋いでいます。
kem_stanby_delay.jpg



KEMのリニアアンプは、マルチ化させたLPFとATTを未だ付けていないので
Relayの動作だけの確認ですが、動画作りました。
カチっという音が、受信に移るタイミングです。
(送信は強制スタンバイなので打鍵と共に直ぐなります)


http://www.youtube.com/watch?v=gQWxec_Za4Q

こんな感じ。。
ふーーーー、やっとここまできた。。
疲れる。

追記
注意事項
私は、当初送信時に +5~+12V出る端子を探していました。
そして、PhoneジャックをAMPとの繋ぎに使用しているので
抜き差しするときに、一瞬ショートするのですよね。なので
これを防止しようと思っていたわけですが、JUNさんが
/MUTEの負論理の部分使うと、簡単にできるとの助言が。
ボキは、マイナス思考なのですが(Hi)、これには全く気がつかない
というか、概念がなかった。
これには、非常に勉強になった。TKS。
詳しい回路は、Blog上では、わざと描きません。
これを見て壊れたとか、言われると大変ですから。
それと、回路の知的所有権??は BWT JUNさんに
あると思っていますので。

とにかく、端子の抜き差し時のショートには、十分注意して
回路を考えないといけません。
JUNさん(プロ)は、自分だったら別端子を設けなくBNCジャック
にスタンバイ信号を一緒に載せる方式を取るとおしゃっておりました。
(ピコのリニアと同じとの事)
ボキは、メカニカル的に繋ぎました。
参考まで。




Bye for now

Dirtbike rider aka JJ1IZW

コメントの投稿

非公開コメント

No title

失礼いたしました。anchor / JE0LFIです。

情報ありがとうございました。定数通りにはいかない回路と伺って
おりますので、実データをお教え頂きたくメールをさせて頂きます。

ありがとうございました。

No title

anchor-san

アマチュア無線をやっている方だと思いますが
コールサインを書いて頂けると、RESしようかなという気になりますよ。

で、GND(KX1)-GND(KEM AMP)は繋いでいますよ。
要は、KEM側の PTT端子のプラス側が GNDで落ちれば
KEMリニアは リレーがONになり 送信になる訳ですから
そのような回路を作ればいいだけです。

回路や定数知りたい場合は、 私のコールサインに @jarl.com
でメール下さい
Bye

No title

はじめまして。いつも拝見させていただいております。

以前の記事に質問をさせて頂き、申し訳ございません。

KEMの10WリニアをamqrpのSDR-Cubeにつなごうと思い、いろいろぐぐって
おりましたところ、このページにたどり着きました。

Blogにご掲載の実機を拝見いたしますと、KX1の/muteをKEMリニアに接続
する際、KX1とKEMリニアのグランドを接続されていると見えるのですが、当
方の間違いでしょうか。

#KX1のグランドとKEMリニアのグランドを接続している?

もし認識間違いでしたら、ご指摘をお願いできますでしょうか。

よろしくお願いいたします。

No title

歯切れ良くしっかり動いていますね。
送信は見た感じ瞬時に切り替わっているかな?
KX1側の信号を見る限り、/MUTEがValidになってから実際の送信波が出るまでわずかな時間がありました。なので、頭切れ(最初の長点が短くなるとか)は起きないと思っています。

写真が取れればお見せしたいのですが、アナログオシロなのでうまく撮れません。今度遊びに来た時にでも観察してみてください。

回路は基本回路ですから、権利も何もないです。ただし、それを使ったことによる責任は負えませんので。(自作とはそういうものですよね、Masaさん)

LPFがんばってください。
あれが一番面倒で大変だと思います。特性出ないと電波法守れないし。スプリアス強度-50dBは結構難しいですよ。確認するの難しいけど。
プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: