いい加減にしか見なかったりして。。&視点を脇に。

ボキのDirtbike Riderとしてのスキルはけっして 上級では無いので
それを ちゃんと理解して読んでくだされ。(中級の上 くらい? なはは)

で、書き残したいことは 2つ。

1、オフロードにおいて、ある程度SPEEDが上がってくると 路面をいちいち
  細かく見てられません。細かく見れるのは、かなりSpeedが遅いはず。
  で、どうやって路面を把握するか?というと 
” 把握していません!”   なはははは。 
過去の経験の基に だろう走りしている。
  いちいち 路面なんか見ちゃいない ダイブ遠くを見て ”大体”を
  掴んでいるだけです。
  
  なので、いかに多くの 路面状況を練習にて体験し、それをどうこなしたか?
  という体験を多くするだけですね。 だから目的を持った練習が大事!

2、本栖ハイランド(今はもう無くなりました)という本栖湖のそばの 浮石や
  とんがった岩・石の多い ガレ場コースがあったのだけど、ここを走れるように
  なるには、かなりのスキルが必要。

  であるとき、元国際B級の方から 教わったんだけど。。(当時ボキは中々
  本栖ハイランドで上手く走れなかった。)
  まず、何で ”本栖”でこけるか 考がえたことある? と言われた。。
  それはね。岩・石があったら 避けるからだよ! すなわち ハンドルを
  切るから こけるんだ。 なので 不意に岩・石が現れても 一切避けず
  ハンドルはまっすぐにして、むしろ加速して 前輪への加重を減らして
  クリアすれば良いのだよ。
  それと、百台近くのバイクが 走るから だんだん 走るラインが出来てくる
  のだけど、確かに ラインが出来てくると 走り易い場合も多くあるけど、
  その多くは、大抵中央近辺になってくる。でもね、脇の脇(ホントに端の端)
  は誰も走っていなくて、すべり難い良いラインが残っている場合もある。
  なので、ぱっと 見たら 端の端も見てみろ! タイヤ1本有るか無いか
  の幅だけど 結構走り易く、追い抜きのポイントに使うのさ!


ということであった。
ボキは、その言葉を聞いてから、本栖ハイランド を ”走れる”ようになっていきました。

なので路面は遠くから大雑把に見ているだけで近くを細かくなんか見ちゃいない。
そして、誰もが通るラインばかりになったら 端の端を見る。の2点でダイブ上達するはず。。

むむむ、何かに共通するぞ!


経験談でした。
Dirtbike RIDER とは言えない JJ1IZW
    

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: