FC2ブログ

ボキが思う 大学受験&就職活動 PART1

アクセス解析によって、このブログに訪れる方で今まさに就職活動をされている女性がいる事は、ボキは知っています。
彼女は、ブログをお持ちのようだ。
是非、頑張って欲しいと思う。
さて、
ボキはね。。。実は、2浪もしていて 第一志望の大学。。いや、第二志望、第三志望も落ちた。。
よって滑り止めにようやく引っかかって、大学というところに入った。
当初はあまり行きたくなかったんだけど。。途中から少し考えが変わった。
(全部は、変わらなかったけど少しね!)
要は、「自分次第かな?」ということ。
実は、第一志望や第二志望で受けた大学は有名校だけど学科は機械系でなく
やや入り易い学科であった。滑り止めは 完全な機械工学科でした。
本来、やりたいことからずれて、大学名につられて受けていたわけですね。
今から思うと、ボキは、滑り止めでも機械工学科で良かったと真に思っている。

再度言うが、一番重要なのは、「自分は将来何が一番したいのか?」ということ。



次に、就職ですが、これも同じように、名前が有名企業もしくは、規模が大きいから
「なんとなく希望する。」 これじゃダメダメです。面接官は見抜いていると思う。

また、有名企業に入ってもそこで、自分の希望している職種から大幅にずれるのも
辛い。
また、ある企業があったとしよう。その企業は、自動車を作っている企業としよう。
やはり、その企業での基幹となるのは 「エンジニア」です。これは少し言いすぎかも
しれないけど事実であることは確か。経理や総務の仕事は非常に重要ですが、
そのメーカは製造業なので経理関連は主要な部門ではない。
なので、自分の学部・学科は何が得意なのか?を考え、それを基幹業務にしている
会社に入ることを勧めます。

私は。これから 就職活動にする人に伝えたい。
要は、
1、自分は、まずどんな職種の仕事がしたいのか?
2、その企業が重要視している部門を自分は希望しているのか?
3、また、その企業に入って自分は何をしたいのか?
  ということをはっきり決めていかないと、いけない。
(自分が希望しても、他の部門に廻されることは多々あるけど)
4、有名企業に入った=良い就職をした では決してない。

あやふやなまま、就職してしまうと後で非常に後悔することになる。
これは、ボキの実体験からきた結論です。

P.S.
セロリーマンは耐えること=給料が頂ける
という図式に思える位、学生とは違い嫌な事ばかりです。
でもね、嫌な事でも、自分のしたいという仕事をしているなら
我慢できると思うのですよね。

あと、この不景気なので、確かに小さい企業は潰れてしまうことは多い。
だから、有名企業や大企業へいくっていうのも理解はしますが、若い人は
そうでなくて、ある意味 開き直って 「どーーーーんと行こうや」 っていう
気持ちが必要ですね。
その会社の中で「輝る人」になるように努力することが大事。

そんなことを想う今日この頃。

本田宗一郎「失敗のない人生なんて面白くない」


本田宗一郎「嬉しかった CVCC完成」


本田社長インタビュー「燃焼について語る」

GOOD LUCK!!

FROM まさP

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: