新合調法について熱く語る

これは少し まじめに書く。

以前何回か、私は主張してきた 「モールス符号の覚え方」での
新合調法。。。
新合調法とは、
http://a1club.net/info/shin_gouchou.pdf

これを、私以外で、やられて 実践で活躍している人を発見した。
同じ A1 CLUBの方だ。私の書いた冊子を読んでくれた模様。

その方の記事。
http://jf7fhy.blog69.fc2.com/

私は、まず非常に嬉しい。。
私の覚え方は、あのA1 CLUBのドン Atsuさんも最初は否定的でした。
でもね、根気強く 私は ATSUさんに 「ここにJJ1IZWという 生き証人がいる」
ということを主張!
今も若干の否定は持っておられるようだが、受け入れてくれている。

確かに、私はCWスキルはマダマダですが、それが 新合調法だからでは ないです。
CWを始めて 5年目ですからね。さらに英語は学生の時不得意な科目ですよ。そんな
私が、今は 欧文Chaterを目指しているのです。それも 新合調法のままで。

でも私は始めて 1年と半年で、ちゃんと A1 CONTESTで ビギナー優勝もしましたよ。
それも貧弱なベランダから出したたった一本のアンテナとFT817で。。。

また、今年の A1 CLUBのコンテストでは 10位 。
(交信不成立が多かったので調べてもらったら私の
 コピーミスは2~3局の模様これは普通レベルでしょう?色々あったみたいで
  12局と交信不成立、それでも10位です。)
特に、今年のコンテストは QSYルールがあるので 受信が肝心で一発で取らないと
ドンドン他の人に取られてしまうので、受信スキルがかなり重要視される。

私は、音感法と同レベルの受信スキルは持っていると思っています。
足りないのは、CWの経験年数。。

何故なら、私より後から CWを音感法で覚えたという人が居ますが
私より、ずっと 受信スキルの無い人は多数居る事は事実。
(逆に、追い越した人も居ますけどねHi)

また送信においても、縦振りになると なんと汚い符号 という人も
多数いることも事実。音感法なら変なのは分かるでしょ?
新合調法で覚えた私は、少しでも変な符号になると 体で覚えた
合調リズムと違うので直ぐ分かります。

なので、特に新合調法が 悪いものではないと今でも思っている。

また、良く、73 が  ”Symmetry” の符号になっているとか
LとF 、とか YとQを 間違うというのは、覚えるときに無意識に
点と線でのイメージがあるからだと思う。
ボキは新合調法だけど モールスミュージックと共に覚えたので
”音”でしか 認識できない。よって全くこのようなことは無いし
Symmetryなんていう想像もできない。
だって7は7だし3は3としか浮かばない、けっしてツーツートトト
なんて聞こえない。。なんと言えばよいかな?ターマーゴズナとしか
聞こえない

(しいていえば、WとJ 3と4 連続短点が苦手かも。。)

さらに良く、つーととと とか表現される(口で言われる)場合が
あるのだけど、私は、こういう風に言われても全く 符号として
認識できない。あくまでも あのトーンでの ”音”でないと
CW 符号として認識できない。
なのでよっぽど、音感法なんじゃないか?と思う時もある。と熱く語ってシマウマ。

とにかく、私以外で 新合調法で覚えて 活躍し始めている方が
この方法を否定していなくむしろ、CWの世界に入れて良かった
という思いである ということに 私は 感激したと共に 私の
主張はけっして、間違っていなかったという 想いである。

私の主張に否定する人は居るということは知っている。それは認めるとこもある。
自分の考えだけが正しいとは思わないから。。
でも一つだけ言っておきたい。

電鍵は、縦振り(バグでもOK)でかつ 欧文チャットを私より
上手く出来る人でないと私はその人の否定意見は受け入れられない。

以上

Bye for now
Dirtbike rider aka JJ1IZW

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます

新合調法でモールスを覚え、今月3アマ試験に合格できました。ありがとうございます。
記憶力には自信がないですが、単語カードに書き写し、10回程度繰り返したらあっという間に覚えて自分でも驚きました。
「たーにだエーックス!」と「エイ左派」がお気に入りです。

ものすごく効率的な覚え方ですね。受信の際にも新合調法のほうが合理的です。
もっと広まるとよいのですが。

FT817NDとエレキーを入手したのであとは局免とアンテナさえそろえばオンエアできます。
6エリアなのですが、いつの日かMasaさんと交信できるといいなと思っています。

No title

まとめ Resですいません。

これは、やってみた人でないと気持ちが分からんと思います。
確かに、若干のウィークポイントはあります。
下手な人の符号が取れない。 なはははは。

これね普及させようと、ハムフェアで冊子配ったこともあるのですよ。
印刷部数が少なくて直ぐ無くなってしまったのです。
それ程、CWデビューを楽にしてみたいと思う人がいるのにね。

今日のA1 MLでも 和文符号順番云々”親父”の話がありましたが
無線 特に CWに関しては、「俺の考えが一番」 という人
が多いのですかね?何か目立ちますよね?

私も、こだわりというは持っていますので、なんとも言えませんが
「俺が一番 俺が一番」 と言うのが ”変”だと思ってるのです。

あと否定的な意見の方が良くいうのは、変換しているから
NGだなんていいますが、(冊子ではやや控えるためにあのように
書きましたが) 新合調法とモールスミュージックで覚えたら
変換作業なんてやっていないのですけどね。
これが理解できない人が沢山いるのですよね。
だって つーととと覚えるのが音感法というならば

つーととと=B と音感法でも 変換しているじゃん。

ターニダベ=B と覚えた 違いが僕には見つけられません。
よっぽどこっちのほうが効率が良いと思うけど逆に。

まあ、これ以上言っても、分かろうとしない人にいくら言っても
無駄なので、あまり言いません。

要は、どうでも良いから、CW楽しめればよいじゃん。
そんでもって、中々 26文字プラス数字10個=36文字が
覚えられない人は、13個プラス10個の数字=26個 
に減るのだから 断然早く覚えられる方をチョイスするのが
Goodだと思うけどね。
よっぽど、実践デビューを早くした方が、勉強になると思う。

ということで
おしまい。
Bye for now
Dirtbike rider aka JJ1IZW

知らなかった・・・(^^;

こんな覚え方もあったのね・・・
というか新合調法すら知らなかった(^^;
CWペーパーライセンスの人の為にもっと前面に出した方が良いのかもしれない?と思ったよ。

↓この記事の話じゃないけど・・・
あのモールス数字をアルファベット化する書き方でも一般人には謎なのに、さらに新合調法でコメント書いたら・・・絶対分からないだろうな。(笑

No title

JKR/ROYさん
いつもお世話になっています。

ヒヨコは術をすべて親から学ぶといいます。
そこには言いも悪いもそれが最善という本能があるのでしょう。

人間の場合はそこに選択という余地があるのですが
信じて努力すればそれが最善ということになるのではないかと
思います。

人が考えたことに
いい部分は評価しても、否定というのは今の私にはできませんね。
発展性がないですよ、それこそ。。。。

生意気ですみません^_^;

No title

1つの方法が全て(優れている)と言う考え方は発展性が無くイヤですね。
富士山の頂上を目指すのに、多数のル-トがあるのと同じですよ。

以前お会いした「元通信兵」の方は
「合調法を嫌う人がいるが昔は全員、合調法で叩き込まれた。毎分20字ぐらいの低速で始まって、60字を越える辺りから合調法が抜けていった。100字を超えたらみな同じだ」
とおっしゃっていました。
短期間で覚えるにはとても有効だと。

特に「新合調法」は良く考えられていて、効率がいいですね。

恐縮です。

こんにちは。
私の拙い記事についてのレス記事で本当に恐縮しております。

Masaさんの記事を読んで、ここに追記させていただきます。

音感法で覚えるということは、・-をAとイメージするいうダイレクトな方法でありますが、・-をトツーと頭の中で音にしてAをイメージするという方法の音感法であれば、新合調法で覚えるのとさして変わりはないのでは?
私も7ぐらい長い符号になるとターマーゴズナと瞬時に出てきます。
決してツーツートトトとはイメージできません。そして「ナ」で初めて7と認識しているわけではありません。

自身のブログに、受信は音感法(特に短かい符号)、送信は新合調法で云々と書きましたがミソはここにあるのだと思います。

つまりリズムですね。

デビューした時、A1 CLUBのSKD QSOでお相手いただいたJA2BCQ/KAZ OM に当時チャットで
モールスは聞きやすいほうだとお褒めの言葉を頂いたのですが
今思えばこれは新合調法で覚えたお陰だと思っています。

それでは
プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: