89年式 RMX250R

89年式 RMX250R(当然レーサーです:但し、逆輸入車は、登録可能なので公道走行可能)
というバイクがあるのですが、ボキは非常にこのバイクには想い入れというか、なんとも
言えない 心を持っています。

89年より前は、エンデューロレーサーというのは、国内販売されているとすれば、4stのXR250R
位かな? 
空冷のKDX200Rとかあったが、イマイチ。
ほとんどの人は、一般に市販されている公道が走れるオフバイクを改造したりして
エンデューロレースに出ていた。
(ただし、外国車では KTMやハスクバーナ等既にエンデューロ競技専用に作られたものはあった)

まず、普通、一般市販されているオフロードバイクは、公道走行を前提に作られているので
足つき性や公道走行を考慮してしまうので、乗車してスタンディングポジションをとった時に、足とハンドル
頭の3つの位置が、非常に良くない。また、シートに座ったポジションも前方に座れず、これもダメ。
さらにサスペンションは、たいがい初期が堅い。それは、2人乗り等を考えられているから。
また、エンジン特性もマイルド過ぎる。

そんな中、89年にモトクロッサーRM250ベースだったが、SUZUKIが、RMX250Rと 真のエンデューロ
レーサをリリースした。
当時の本栖ハイランドで行われていた コンクヘッズのシリーズ戦の Aシード軍団はこれを
使い始めた。Aシードライダーは上手い連中なのにさらに RMX250Rは 水を得た魚のごとく
物凄いパフォーマンスを発揮して常に上位にRMX250Rは、入っていった。

ボキも1年半遅れで逆輸入車の中古を入手したけど、最初乗った時は、全てが過激にできて
いる感じで、乗りきれなかった。まずは、当時としては、エンジンが凄い。。
車重100kgあるかないかで50ps以上のエンジンさらに吹け上がりが速い。
(当時の市販車の2st 250はせいぜい35ps程度、さらに100kgを超えて重たい)

サスペンションはモトクロッサー譲りで非常に良くさらにエンデューロ用にソフトな
仕上げになっていた。ストローク量も300mmを超えていた。

燃料タンクも非常にスリムでコーナリング姿勢が上手く決まる。
まさに、ちょっとした夢のようなバイクだったのですよね。

で、そのような 速い(戦闘能力の高い)バイクは、非常にシンプルかつプロポーション
が良い。
そう、バランスが良いというのは、必然的に美しく感じるのでR。

下の写真は、ボキのではなく、友人のものですが、レストアーして今も残っていて
さらに 今でも使って走っている。
よく、戦闘機がカッコ良く見えるように(バランスが良いので美しく見える)
このバイクは、私の中では一番美しく見えるバイクなのでR。

完成 064Eメール


完成 042Eメール


うみゅーーー。21年も前のバイクなのだが、非常に美しいプロポーション。。。うっとり。

Bye
Dirtbike rider aka JJ1IZW

コメントの投稿

非公開コメント

No title

心配していただきありがとうございます。
4月から最近まで「消防団訓練」で大忙しでした。
体調はスタミナ切れが早くなったような。
まあこんなもんでしょう!

自分はバイクに対し「オン」「オフ」共に
「女性」を感じます。
バイクの「機能美」「曲線美」とてもいとおしく感じます。
4輪は「男性」を感じます。
基本的に自分はバイクが好きなんでしょうね。
進む道を間違えたかなぁ・・・
自分には度胸が無かったので、箱の中でガ-ドされた
4輪に行きましたhi

「蛍光オレンジ」これは良いですね
「蛍光ピンク」も良いですよ。
以前、雪山で「吹雪」に合ったときも
この2色は識別できました。
他の「赤」も「黄色」も識別できませんでした。
以来自分の山服は「蛍光ピンク」のブルゾンです。

No title

Royさんお久しぶり。
最近、音沙汰がないのでどうしているかと、ちょっと心配しておりました。
体はOK?
はい、「イエローマジック」 ですね。
Royさんは、このRMXに乗ったことがあるのでしょうかね?
何故そんなにこのRMXのスリムさを知っているのか??
4輪関連の方が持っていた??

このRMXは、後に、このままのフレームでエンジンをやや変えて
'92 RMX250R、  そして エンジン、フレームも全面改良して
誰でも乗り易くさらに速い '93 RMX250R と進化していきます。
この進化の過程には、SUZUKIの社員が居ましてその方は本栖のAシードライダー
で後にシリーズチャンピョン になる 小倉さんです。
これは、完全に本栖ハイランドと池の平ワンダーランドに的を絞って 実際のレース
からフィードバックされて開発(進化)したものだったので、 本栖や池の平では
良いパフォーマンスを発揮してくれていました。

で進化していくにつれてマイルド志向になってあまり面白くないバイクになっていきました。
そしてあのスリムタンクもやや出っ張ったんです。
なので、ボキはこの初代 '89 RMX250R が好きなのですよん。

で、このバイク見て 何か感じませんか??
純正部品にてオリジナルに戻してありますが、ボキはこのバイクが止まっていたら、
単なる普通のオフバイク乗りでないことが分かります。
おーーー。 この人はレースでも上位に食い込む人だなというのが推測できます。

さてどこでしょう?ボキがそう思うところは。。



うーーんとね。
前後輪のリムに付けている 蛍光オレンジのマーク
蛍光オレンジというのもかなり 奥深い。。。これに気が付く人は少ないと思う。
蛍光オレンジは視認性が非常に良い。

何故これを付けているか?
ここ部位は、ちょうどタイヤチューブの空気を入れる口金の部分です。
なぜ、この部分が直ぐに知りたいかは、北海道の日高で行われていた
HTDEとかを実際に走った人でないと分からんでしょう。

それは、泥だらけの状態のリムで(時には凍って氷と泥がスポークについて離れない)
空気圧調整、パンクやタイヤ交換をする時、瞬時にこの口金がどこにあるか知りたいから
です。そんな口金位置を探す時間は僅かと思われるかもしれませんが、オーナーは
そういう時間も短くしたいという思いなんでしょう。
特にお金をかけている訳でなく、実戦からフィードバックしてきたオーナの知恵なんですよ。
(ボキはこのマーク付けていないけど。)

こういうのって、机上にて設計しているだけでは分からない部分なんです。
だから、ボキは何回もいうけど、理論も大事なんだけど、現場重視志向(思考)
なんです。

No title

伝統のカラ-が美しいですね。
オ-ナ-の思い入れが感じられます。
個人的にはこのアングルも勿論大好きですが
真上からのアングルも大好きです。
タンクからシ-トに至る「くびれ」
そしてマフラ-をカバ-する張り出し。
女性の「曲線美」のようで大好きです。
シ-トにまたがるといつもこの「曲線」を撫でておりました。
ちょっと路線が脱線しそうなのでこの辺でhi
プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: