VX-8が戻ってきた。

アップグレード依頼していた VX-8が戻ってきました。総額6300円也。

2010_06_15_01.jpg


さて、多少の操作性は良くなった模様なのだが。
次の3点が良く分からん。

1、MSG入力の時、スペースは一発で入るのか?
2、あらかじめ メッセージを登録するのがあるがこれは16文字以内なのか?
3、以前、JUNさんが ちょこちょこと設定してくれたのだが、
  スケルチを FW Key押すことなく、MONIボタン押しながら ダイヤル回しで
  できるようにしてくれたような??
  このやり方が全く分からん。

  要は、
  周波数変更→ダイヤル回し
  Vol変更 → VOL 押しのダイヤル回し
  スケルチ深さ → MONI 押しのダイヤル回し(だったような)
          (通常は、FW押してMONI押してそしてダイヤルで A、B両方
            のスケルチ深さ変更なのだが、これは面倒なので)

特に、スケルチ深さ変更はクイックにやりたいのだが。。。

マニュアルのどこに書いてあるのか。。。全く分からん。

HELP ME

追記
そうそう、私の場合、9600の繋がりは改善されたのが分かります。

Dirtbike rider aka JJ1IZW
    

コメントの投稿

非公開コメント

売っちゃうの?あらま。
ダイヤル一つに集約は、しょうがないとしても、片手で全て操作できないと、ハードアウトドアでは使えません。
サイドに押しボタンがあるのが良くないと思う。
上部にでかいボタンがあると良いのだが。
さらに、回すダイヤルでなく 丈夫なタクトスイッチみたいなやつで可変出来ると良いね。ボキが社外品で持っているブルートゥースマイクに付いているスイッチのように。
あれなら、片手、それも見なくても操作出来ます。

No title

メインダイヤル、ボリューム、スケルチ。
この3つを1つに集約してしまったのが最大の失敗ですね。
私もこれは嫌いです。

GPSをつけられるSP/MICの音量。私も大いに不満。
てなわけで、あのマイクは買ったわいいが全く使っていません。
どうしても必要なときはイヤホン併用しています。

KENWOODから出たら買い換えてしまうかも。

No title

JUN-san Info TKS

入力が良くなったという方が多いので期待したのですが
まだまだ悪いですね。これは。スタンダードさんどうにかして欲しい。

定型文はやはり 16文字だけですね。もう少しないと。。
それと定型文を作る時は、ここだけ入力が進歩しなかったのかな?

MSGを作る時は改善されたけどね。
こんなの 開発時にちょっと弄れば使い難いところが出てくるのに
直さなかったのかな?しょがないなーー。

一番許せないのは、ハンディーなのにチャーリーでの使用を意識している
はずなんだが。。まったく。。。考慮されていないとこかな?

VX-8の広告でも自転車乗ってというイメージ写真が載っているけど。

1、ハンディーで片手で一番使いたいのは3つ
  ・ボリューム調整
  ・周波数変更のダイヤル
  ・スケルチ開放ではなく逆に少しの時間深くする事が
   非常に多いのに、片手で出来ないし、両手でも固定
   式の可変だからな。。
   特に、動いているとノイズの多い場所または弱い混信があり
   回避したい場合が沢山のスチュエーションであるのですよね。
   スケルチ開放の方が用途として少ないと思うのだが。。

2、これは今回の改修とは違うけど SP/MICが 外では小さい音
  で使えない。これも、防水にこだわったからかな?

上記が不満点かな? 今度からはやっぱシンプルな奴にしよ。。
おかげで IC-μ3が手放せなくなったよん。 なはは。

Hozさん
最近、ローカルのビーコン聞こえないなぁーー。確かに。
   

No title

最近ご無沙汰ですね、ビーコン。

No title

1、MSG入力の時、スペースは一発で入るのか?

 一発入力はできません。
 0を押してダイヤル回しています。

2、あらかじめ メッセージを登録するのがあるがこれは16文字以内なのか?

 文字数までは覚えていないけど、結構入ったはず。

3、以前、 JUNさんが ちょこちょこと設定してくれたのだが、
  スケルチを FW Key押すことなく、MONIボタン押しながら ダイヤル回しで
  できるようにしてくれたような??
  このやり方が全く分からん。

 今回もできません。
 スケルチは滅多にいじらない、開きたいときはMONボタン押すというスタンスのままです。

音量と周波数のダイヤル操作を入れ替えることだけできます。
ノーマル時は、ダイヤルを回すと周波数が変わり、音量は側面のVOLを押してからになっています。これを逆にすることはF+VOLでできます。
VOLボタンを押しながらダイヤルを回すタイプと、1回押すとロックしてダイヤルを回して放置すると元に戻るタイプの切り替えはできます。
以上は前と変わっていません。

新マニュアルが付属していますよね。
一度全部目を通すと良いです。
だいぶ使いやすくなったとはいえ、元々機能が多すぎている上にUIが洗練されていないので、全部覚えるのは至難の業ですね。

プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: