我が家は、断熱塗料ガイナを塗ったのだった。

去年の11月頃我が家は15年を迎えたので、壁と屋根を塗り直したのだった。
それは、このBLOGでも記したのだが。細かくは書かなかった。

塗り替える時、ボキは塗装業者に頼んだのではなくリフォーム業者に頼んだ
のでR。
これには訳があって、このリフォーム業者は、外を塗るような仕事は、自分の
ところで行わず、指定業者に任している。
良くある話だと思うかもしれないが、ちょっと違うのでR。
何が違うかというと、リフォーム会社自身は、この程度の外塗りでは儲けていなく
そこで客をつかみ、内装のリフォームに持ち込むというところを狙っている。
昨今、不景気なので、逆に長く家に住もうとする人が多いらしく 内装リフォーム
の仕事が急激に増えているらしい。
そして、契約がやや面白い、塗料はリフォーム業者が責任を持って買う。そして
塗料の配達先はボキの家となる。
そしてボキはその塗料代はリフォーム会社に払う(要は材料代ね)そして、
施工にあっては、指定業者と契約を結ぶ。というもの。
なので、塗料のごまかしや薄めて安くすることは、ほぼ施工業者ではできない。

まあこんな話は置いておいて、
本題に。
ボキの家は、在来軸組みの普通の木造住宅で屋根は黒色のスレートだった。
しかしね。冬は寒いし、夏が2階が物凄く暑くなり 脱水症状になるほど
だったのだ。
リフォーム会社は、真面目に 日進産業の ”ガイナ”が良いとしきりに
薦める。 当時ボキは 値段が高いからかな?と思っていたが、良く調べると
本当にちょっと普通とは違う塗料で 断熱性が高い塗料であることが分かった。

・ガイナは、ロケットに塗る塗料からヒントを得て、セラミックビーズが
 入っているのです。

で、ボキは高いでしょ? って言った訳。本当に値段は高い塗料なのでることは
事実なのだが、実際には、そんなに高くならない。

そして塗料の代金が、1.5倍や2倍近くなったとしても たかが塗料の代金
部分だけが 1.5倍や2倍になるだけで、全体の施工料から比べれば そんなに
高くならないという訳です。

例えば、
塗料代:10万、足場や施工作業に70万の 計80万だった としよう。
ここで塗料代が 2倍になったら
塗料代:20万、足場や施工作業70万 の計 90万になる。その差は10万。

な訳、なのでボキは 屋根のみに”ガイナ”を選択した。
壁にも塗れるけれども、我が家は窓が多くて、壁に塗ってもそれほど効果が
感じられませんよ というリフォーム会社の言葉だったから。

そんでもって、去年の冬、今年の今までの感想として
確かに、実感出来る位、2階の部屋の温度は下がった。
以前は、部屋に入れない位暑かったのだが、全くOKだし、冬も
ほとんど ストーブを入れなかった。

なので、日進産業の”ガイナ”は ボキは薦める。
(けっして、ボキは関係者ではありません)

ガイナの説明はここにあります。
http://www.nissin-sangyo.jp/top.php

※ ただ、以前は屋根は、黒色、現在は 薄い茶色と 色の違いというものも充分に熱に対し
  考慮しないとならないので 一概に ”ガイナ”だけで 温度が下がったとは言えないけれども。


※ それと、塗装業者の注意事項として

  塗料は、一斗缶単位で買うので、(m2単位(面積)では無い訳です。)
  塗料代を m2単位で出す業者がいるけれどもあれはある種ごまかして
  いる訳です。塗料代はあくまでも缶の単位なのです。ここは注意点ですよ。


Bye
Dirtbike rider aka JJ1IZW

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: