FC2ブログ

3D テレビ

最近、電機(電器)業界では、3D テレビなるものが開発され
世間を賑わせている。

ここで、素朴な疑問。。

えーーーと、2つのカメラで撮った映像を2次元スクリーンに映してそれを
なんらかの器具にて 左右別々に見る。
という技術は、ずーーーと前から ありますよね?
筑波博とかディズニーランド、ユニバーサルスタジオとかでも見たし、
その他イベント会場でも良くある。(なので、30年前には既に見たような??)

して、何故今頃 騒いでいるのかボキには良く分からんのです。
どこが凄い 技術部分なのだろう????

そーーーね、ボキが驚くとしたら、これも技術的にはもう成功しているけど
ホログラフィーを用いた3Dだったら ”ほーーーー”とか思うにゃー。

Dirtbike rider aka JJ1IZW

コメントの投稿

非公開コメント

No title

へーーーー  そなんだーーー!!
開示できないわい! LOL

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ネタ切れなんですか。。。
要は、高速スイッチというか表示ができるかできないか?というところなんですね?
確かに、3Dでも キャプテンEOなんて結構綺麗だったけど ユニバーサルスタジオ
の何だっけかな? 3Dは、ピンボケに見えるし、汚い映像だったな。。
表示の仕方が違うのですね。
でも いまさら、家庭であの程度の3Dっていうのも。。。。

SONYビル。。。これ銀座のですよね。。
昔、昔 独身時代良くデートの待ち合わせ場所だったんだここ。(Wifeとじゃないよ。Hee)

この3D面白いね。知らなかったにゃー。こんな3D表示。
INFO サンクス

No title

ブラウン管テレビの画面が丸っこいのからフラットになった。
ブラウン管が液晶に置き換わった。
解像度がハイビジョンになった。
液晶パネル&デジタルになってから、チップとパネルさえあれば、だれでもテレビを作れるようになった。
しかも、画質は値段ほどの差はない。映ればいい人は安いのしか買わない。
さて、次は何で差別化しようか・・・
ネタ切れなんですよ。

1つだけ過去にはできなかった技術があります。
それは高速パネル。
通常は1/60秒で1枚の画を出しています。しかし、基本的にインターレースといって、1本おきに交互に表示します。1枚目と2枚目が混ざっても特に問題は起きません。少し残像感が出ますが、ちらつきよりは何倍もマシです。
ところで、液晶はブラウン管と比較して応答速度が遅い。今までのパネルだと、右目用の画と左目用の画がまざちゃう。それに、右目1/60、左目1/60で交互に表示するとちらつきが目立ってしまう。または、左右が混ざって立体感がうまく再現できません。
そこで、高速パネル(1/120秒表示ができる)が開発されました。
このパネルにより、左右スイッチ方式の3Dシステムが実現できました。

本物の3Dはこちら。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1003/17/news044.html
プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: