車に付ける可倒式電動基台

アマチュア無線用に車に付ける可倒式電動基台というものがある。
それはこのようなもの

k9000t.gif

krs.gif

現在、メーカ製では、第一電波工業(ダイヤモンド)のしかない。
ボキもそれを使っているのだが、先日の旅行時に下関へ行く途中の高速道路上に
おいて、風圧に耐えられなく、安全装置が働いて、後方へ倒れることが、頻繁に
起こって参りました。

以前は、高速で結構なスピードで走っても、HFアンテナで1.3~1.4m長さのWHIPでも
全くOKだったのだが。。今回は何故かダメなのでR
確かに、現在の状況は、ちょっとの力で 安全装置が働いてしまうのを確認。


そんでもって、ボキは原因を追求することにした。
まず、心当たりのある 悪い事として

・最近は倒しながら一般道を走ることがある。
 (取り説には、倒したまま走行はするなと書いてある)
・下関に行く途中に まさGさん宅近くにて でかい木に
 アンテナをHITさせてしまい、バックして回避した。

ということがある。

さてここでこの安全装置とはどういうものかというと、アンテナを木とか
障害物にぶつけてしまった場合、堅いリジットだとアンテナが壊れるなら
まだ良いが、つけ根のモータ部のギアや車の取り付けルーフ部を破壊してしまう
ことになるために、あるトルク以上かかると滑って 倒れる仕組みになっている。

この仕組みは、実に簡単な仕組みで、基台本体部とアンテナ取る付け部の回転部
のとこの接触面がギザギザの凹凸になっている。そこに 波打って成型された
ワッシャみたいなものが3枚入っており過大な力がかかると、回転部の接触面が
ギザギザの凹凸を乗り越えなくてはならないがその時、先の波打ったワッシャ式
のスプリングがそれを阻止しようと押しているが、ある程度以上の力が掛かると
スプリングが波打ちスプリングが平らになり ギザギザ凹凸を乗り越えて回転
させてギア類を保護しようというもである。

そのワッシャみたいな スプリングはこれ

2010_05_12_1.jpg

3枚入っており、これが重なって実装されている。
重ねると

2010_05_12_2.jpg

すなわちこの波打っている部分が平らになろうとする力に反発する形でスプリング効果がある。

で、ボキのこのものを見たら、結構平ら状態になっていた。

※ この写真はプライヤで波打ち形を大きく元に戻したものですので実際はもっと平らになって
  しまっていました。

このまま付けても良いのだけど、現在はこのスプリングを外して、代わりにスペーサを入れて
全く安全装置働かない状態にして、走って様子を見ている。

さてさて、問題は何故、平らになってしまったかというところ。
ボキが想像するに、やはり2つある。

日頃倒したまま運転すると、アンテナが上下方向ではなく左右方向にも振れるので
常に根本のスプリングのとこが、押されたり解放されたりするので だんだん
形状が平らな形になってしまったのではないか?

ということと、

まさGさんの家の近くで木にぶつけた際にかなり衝撃があったのと
その場を通過できず一旦停止しバックしてきり抜けたので 短時間ではあるが
かなり強い力でこの波打ちのスプリングを押さえてしまった気がする。

ぶつけてしまったのはしょうがないとして、日頃、倒して走行するのは
根本にかなりの負担がかかるのでこのスプリング程度では、だんだん
変形してしまうような気がする。(再度書くが取り説にも倒して
走行するなと書いてある)

よって、倒したまま走行したことが一番の原因のような気がする。

じゃあ今後どうするか??

倒さないでなるべく走行はしたいが、やはり、ボキの家と会社の間とかでは
邪魔な木があったりするので、無線をしない場合はなるべく倒しておきたい
のが 実情。。

激しくぶつけたときに壊れるの覚悟でスプリングの代わりにスペーサ入れて
安全装置を解除しておこうか??

また、かなり薄いスペーサを入れスプリング力をUPさせるようにしておくか?

結局は、平らになっちゃうような気もするけど、スペーサ厚分は、倒れにくく
なると思うし。。

何か、妙案ありませぬか?

Bye
Dirtbike rider aka JJ1IZW

コメントの投稿

非公開コメント

No title

No title

masaG様 の家の木ではありませんので。。。
路地を入ったとこで 大きな木が道路に出ているのを気(木 Hi)がつかず。。

しかし、一番良いと思うのは、安くて ぶっ壊れたら交換! なのかも。

カメラ使っているの?? なんか古いね。そのシステム。
どこの会社の車だろう??
やっぱ、イルカ君のように、音波や電磁波出さないと。。
と思うのは ボキだけか?

ボキの車のバックモニター雨降ると水滴がついて よく見えない時ある。
上記のシステムは車内にあるのかな?

No title

今は車自体が自動的に止まるようですね。
2つのカメラ使っているって書いてあったけど、汚れたり水滴が付いたらどうなるのでしょうか。

No title

家の庭の木の枝が邪魔したようで、申しわけありません。
って違うか。

障害物を検知すると、ゆっくり倒してくれると言うシステムは
如何でしょうか。
Junさんが、何か考えてくれそうな。

No title

構造はね言葉で書くのが難しいぞよ。
実物を見るのが一番分かりやすいので今度見てね。

そーそー、このスプリングは弱いですね。というか、繰り返し押し付けると
段々 塑性変形しちゃいそうです。

あとね、デフォルトの取り付けだと、後方に倒れるのだけど、前方に倒したい場合
は基台をブラケットに取り付けるのを180度回して付ければ良いと取り説には、記述
されているし、さらにこの構造だと、前からHIT 後ろからHIT どちらでも 安全装置は
働く構造になっている。
ネットの販売店は、一方向しか取り付けられないように取れるような事を書いている。
これ間違っていると思うのだが。。

BTW
A1 CLUBメンバーがダイブ前に 自動車のドアミラー部分をモディファイした
可倒式電動基台作って CQ誌にも記事になっていたのですね。
これいいね。解体屋で安く入手できそうだし。。

No title

通常のテーパー型になっているスプリングワッシャであれば、その程度の一発強度や車両の振動程度の予圧や振れで伸びたりしない筈ですが、ちょっとちゃちそうですね、それ。
それだけ薄にて変形しやすそうな形状だと、耐久や一発どちらにも極端に弱くなりそうです。

構造が今一つ判りませんが、テーパーのコーンスプリングワッシャで丁度良いサイズの奴って無いですかね。
それか諦めて高速走行中はステーを張っておくか。
プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: