トヨタのハイブリッド車のリコールについての考察(でも最終章)

先日から、プリウスのリコールの事が気になり始めていたとこに
昨日このBlogの以前の記事にかなり詳しそう(この方は、本質を語らないので
実は良く知っている人と私は逆に感じた)な人がコメントを残してきているのです。

悔しいので、本気で考えてみた。
私の持っている常識がややずれていることにも気がつくと同時に
私の直感も合っていて、まだ誰もそこをつっついていないことも分かった
と思っている。

まず、ここの記事を良く読んで欲しい。
http://corism.221616.com/articles/0000102721/

から分かるように 0.4秒 0.46秒なんて関係ない。
そして改修は、どうもVSCの時に使う油圧システムを立ち上げている。
らしい。私は、VSCには気がつかなかった。。。

また、私が想像していたことと違っているような点は
・回生ブレーキは、ボキが想像していたよりブレーキ力が
 ありそう。
・トヨタの最新ハイブリッドシステムは本当に100%回生ブレーキ
 のみのタイミングがあるらしい。
 (ボキは、ペダル踏んだら少しでも油圧が効いていると思っていたが
  そうではない事がある)

で本質をずばり書きたい。。
ボキは、トヨタのハイブリッド車のリコール車種が偏っていることに
気がつき始めたのですよね。
他にも複数のハイブリッド車があるのに 新型プリウス、Sai、レクサスHS250h
の3車種なのは何故か?
気がつきましたか?? これは、FFですね。モータがフロントのみにしかないタイプ。
(後輪にモータが繋がっていないという意味)

すなわち、回生ブレーキのみの時は、前輪にしかブレーキ
がかかっていない。そう後輪は全くかかっていないのでしょう!
これは、裏とっていないけど そうとしか考えられない。

なので、回生ブレーキ100%時にスリップし易い路面が来たら当然
ブレーキ100%がフロントのみにかかる訳ですね。だから 前輪がスリップし易く
ABS作動なんでしょう。
ここ重要ですよ。後輪に少しでもブレーキ力があれば、前輪がスリップし難いのは
分かりますよね?

4輪にモータが繋がっていれば、回生ブレーキ100%でも 後輪にもブレーキが
かかるので前輪がスリップし難いのでABS作動しない。
だから、FFの(前輪モータのみ)ハイブリッド車が リコールになっていると
考える。
旧型プリウスは、極低速では、回生ブレーキを100%でなく油圧も併用しているので
後輪にブレーキ力が働くので大丈夫というかスリップし難いのでABSが働き難い。

トヨタの考えは、回生ブレーキを極限まで使おうとして極低速で回生ブレーキ
100%があり得るようです。

ボキの考察の結論は
FF車(前輪のみモータ)のハイブリッドシステムは、100%回生ブレーキのみ
を作っては危険であると結論づける。
そして今回の改修はVSCを動作させて回避しているならば、(あくまで仮定です)
それは、本質の改善ではない。

何故なら、最初から滑りやすい設定を作ってはいけないから。
滑った後の処置を改善しているだけですこれでは。
なので再度言うが、FFの場合は、100%の回生ブレーキ使用は止めた方が良い
と考える。

What do you think about my consideration?

ということで、これ以上この話題は新規ではもう出しません。

Bye
Dirtbike rider aka JJ1IZW

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はい、私もそう思います。兎に角 全て電気制御なことばかりで。。
確かに便利になったり、スペックが上がったりして良い点は認めますが
面白くないですよ。私の場合。
例えば、最近のエンジンはチョイとコンピュータで設定変えれば結構な速さの
車に変身しますが、そういうのは面白くないですね~。
メカチューンで高回転まで回り レスポンスが物凄くクイックな車で 山道走ると
それはもう楽しいですよ。昔の話で現在はもう厳しいのでそういった事も出来ませんけどね。

CU

No title

 こんばんわ。

 適当にブラウズしていて、このブログを見て、つい、書き込みしてしまいましたが、個人のブログで何をどう書こうが、個人の自由ですので、通りすがりの私が書き込むべきではなかったのかもしれません。
これを最後の書き込みとします。

 最後の挨拶代わりに現代の車について私の雑感でも・・・。お気に召されなければ削除してください。
 コンピュータが数多く搭載されステアリングもブレーキもバイワイヤ化され、また、動作・動力源も電動化(エンジンの停止するハイブリッド自動車では従来エンジンの力を動力源としていた補器部分まで)されるようになりました。
電子回路は適正に継続してメンテナンスされているメカより明らかに短寿命ですし、バグの無いソフトウェアもありえません。
あまりに複雑化して私などのような素人がいじくりまわして楽しめる部分も少なくなりました。現在はハイブリッド自動車への興味から先代のプリウスに乗っていますが、そのメカニズム、電子制御の内容は良くここまで複雑なものを作り上げたなと感じる反面、少しさびしく思います。

でわ。

ありがとう。でもここも既に読んでいます。
部品の違いも多少の影響はあるでしょうけど、フロント駆動に100パーセント回生ブレーキが悪の根源だと 今のところ考えます。

No title

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/FEATURE/20100208/180034/
登録が必要ですが、ここに新旧ブレーキシステムの違いが解説されています。
そのまま貼り付けたら問題ありそうなので割愛します。
プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: