トヨタのUSAの大量リコールに思うこと。

トヨタ車がアクセルのどこの部品だか良く分からんけど
プラスチックが割れるのか壊れるだかで、大量リコールをUSAにて
行うというNEWSが流れている。

で、NEWSは、そのリコールの台数とかその車種の生産が一時STOPする
とかしか伝えない。

ボキはね!! そんなくだらんことは、どうでもよくて、もっと
違うことが知りたい。

それはね。
1、どこのどういう部品なのか?

2、何故日本生産品は大丈夫でUSA生産品はNGなのか?
   
   上記2の答えは知っている。USA製品しかこの部品は使って
   いないと報道している。
   マスコミはそこで ”思考停止の報道”しかしない。

3、では、何故日本製品にはその部品が使われなくUSA製品には使われて
  いるのか? または、材質が異なり 部品形状は一緒なのか?

4、日本生産品とUSA生産品で何故違いを設けてしまったのか?その時
  違いによる評価試験を行ったのか?

というように、根本的な事が知りたいのでR。

マスコミもそう思わないのか??
だってさ、そこまで追求しないと 今回 ”ハイ 対策しました。直りました。”
って言われたって、理由が分からないのだったら 同じことが繰り返される
恐れはないのか?? と思ってしまう。ボキはね。
出荷前の評価試験しているのか??

日本製品も品質が落ちてきたねーーー。

Bye for now

Dirtbike rider aka JJ1IZW

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自己RESです
だんだんTOYOTAの言ってることが変わってきていますね。

今度は
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/manufacturer/351829/
でいうように、CTSとかいう会社が設計製造したものだと言っています。
まあホントなんでしょうけど。
日産や他の日本車にも 形状。材質は違うらしいけど、同等部品を供給しているとのこと。。
だんだん、問題が複雑化してきた模様。。

もう一度問いたい。。
日本生産車とそのCTSとかの 設計。製造したものとは
どこがどう違うのか?? ということ。。
ここが知りたいというか、ここが分からないと不安でR

No title

へい、ボキはね。。わざとボケ(知らないふり)をかましている時あるんです。

今の仕事がら、会社に行けば、NET上に公開されているデータではなくて
社内にデータベースとして独自に他社のも全て(車両関連だけどね)リコール
に関しては、内容を読むことができます。

さて、当初は、部品、材料が現地生産現地調達だから って言い訳してたでしょ?
これはね、ある意味 Yesだけど、根本的な理由じゃないから この記事を書いたのですよ。
さらに今日の夕方のNEWSだと、中国でもリコールか?? って言われていたでしょ?
何故かというと、これは裏とってないので違うかもしれないけど、中国で部品作ったのを
USAで使っていたからじゃないのかな?
なので、本当の話なら USAでの現地調達部品じゃないじゃん!!

あと、このリコールは、
「当該部品は、摩耗が進んで 傷になったところに 自動車の暖房を入れると
 結露する場合がありその結露がこの傷に入ると、作動性が悪くなり、まれに
 ペダルが戻らない時がある」
という理由が今のところ記事になっていますね。

この表現も変ですねぇーー。
1、まず、結露したぐらいじゃ動きが渋くなる?? ならんでしょ。
  金属だったら 他の部品と接触部が”電喰”または 錆等で渋い動きになるなら
  理解できる。
  また、本当に結露なのか??とも思っている。何故ここだけ結露でNGなのか?
  他にもNGになった部品と似た構造があるんじゃない? 

2、何回も言っているが上記説明じゃ何故 日本の物がOKなのかが分からない。
  なので、OK/NGの違いをもっと明確にすべきだと思う。
  もしかしたら、日本のだって確率は低いかもしれんが、潜在的にNGになる可能性
  のものも実在しているかもよ。 

3、これも繰り返すが、普通、部品や材質を 当初の設計から変えた場合、それなりの
  検討書をつけて 必ず社内で認可されてから 行われるはず。。
  もしかしたら、スルーで 勝手??にやっちゃったのか?などと勘ぐってシマウマ。

4、IRBさんのいうように当初とドンドン言い訳が変わってきているでしょ。。
  オイオイ 2流3流会社じゃないのだから。。っていう気持ち。
  
なので、世界のTOYOTAといわれているのに。。。 品質管理、危機管理、 実験・検査
等が甘くなってきているのではないか?
と思っているのですよん。


レグナムは三菱車ですね。。
これは。。。。やはり規模が他と違い小さいからね。。
GDIがいい例でしょ。発想は良いのだけどね。まとめが出来ないのかな??
良く分からないけど。。

No title

どの部品がどんな理屈でスタックするか、出ている様ですよ
この部品が対象かどうか分かりませんが、最近はロジとカレンシーで損をしない為に現地化が進んでいます。
この部品は分かりませんが。

この問題、カーペットがペダルの上に乗って起きたってずっと説明されていたのに、違ったんだ!?さすが帝国トヨトヨ

No title

レグナムはクラッチを踏みこむと戻らなくなったよ。
5回目くらいの修理(調整?)で治ったけど。

No title

自分でRES
実は、これを書いた理由には、少し訳がある。
もう23年前の87年の冬にボキは USAに居たのだ。
そして、サクラメントとロスをレンタカーで往復したことがある。
その時借りたのが TOYOTAの VISTA WAGONだった。
2.2L。。
で、乗って直ぐ、アクセルに引っ掛かりが あり違和感を覚えた。
その時は、無事だったのだけど、時々、カクカクっていう感じで戻り
が悪かったのである。

もしかしたら、今回のリコールは、ずーーーーと、前(20年以上前)から
潜んでいたものじゃないか? なんて 思っているからなんですよね。

ボキと同じような経験したことある人居るかな?

Bye
プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: