LM 386 AF アンプ

KX1に入れるLM386のAFアンプですが、
実は以前からPARTSの配置を色々
考えて、何回も書いちゃ保存 書いちゃ保存
してきました。 
今日の夜、結構 良いレイアウト考えつきました。
さっそく、ハンダしちゃいました。。
大きさは、36×18×9mmに入っています。
そして、単4電池×4のケースの横に置いてみました。
ここで今日の作業、時間切れ。。
動作確認できず。。まあゆっくりやります。
写真撮ってみました。
こんな感じ。

fcz_lm386n4.jpg

そーーです。もっと、回路や部品を省いて単純化できるのですが
あえて、この大きさでもKX1に入るので 電解コンデンサ4個、半固定抵抗
使ってそれなりの物にしました。

でへへ。

Bye

コメントの投稿

非公開コメント

No title

沢山のCを奢りましたね。見た目良い音しそうです。Hi
私が削除したCは、「入力のカップリングC」、「ゲイン設定のC」、「電源パスコンのC」です。
電源パスコンのCは入れるべきなのですが、スペースの関係で実動作で問題ないのを確認したため削除しました。残り2個は明確な理由があるので削除してます。
入力カップリングのCはDCカットが目的ですが、構造上LM386の入力にはDC電圧が出ていないのでもともと不要です。また、相手からの信号も本体側VRの直前で既にDCカットされているので、これまた不要です。
ゲイン設定のCは、元の信号レベルがイヤホンを鳴らすほどのレベルなので、20倍もあればおつりが来るので付けていません。ちなみにこれを付けるとホワイトノイズが増えるので、ゲインは必要最小限にすべきです。20倍でもゲイン過多だったので、入力はVRの代わりに1/5 ATTを入れています。ATTにVRを使わなかったのは場所とお金がもったいなかったからです。

ではGL!
プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: