片山右京さんらが富士山で遭難したとの事。かなりの山の経験者だったらしいけど、概要良く知りませんが、ここ何日かの天気を考えると少し無謀だったのではないか?と推測する。
ボキは、高校生から大学生の初め頃までの間、南アルプス、北アルプスの3000m級の夏登山を本格的にやっていました。数回、恐い目にあっています。
夏でさえ、そうなのだから冬登山は、ボキの中では考えられない。

夏でさえ、朝は、3~4度に下がります。また、夏はカミナリがあり、上でなく横から稲妻が来ます。雪渓もやや溶けて緩むのでかなり危険。天候も激変するし、道が分からなくなることは頻繁にある。それなりの準備、装備が必要。

とにかくある程度低く、日常的な山でも計画では、PM2~4時には目的地に到着しそれ以後は山の中では動かない方がよい。夕刻からの下山も危険。そして、準備と装備は完璧に。
これは、常識。
守らない人、多いのよね。
bye


コメントの投稿

非公開コメント

No title

詳細は知らないのでコメントや記事にし難いのですが、
やはり、無茶な部分はあったと思いますね。

No title

衝撃が走りました!!!

この時期に山(1000m以上)に入る方なら少なくても、3ー4日前からの「天気図」を気にしているはず。
毎年この時期は第1級の「寒波」が来ることもわかっていたはず。
独立峰でこれにやられたら、人間など・・・

詳細は自分も知りませんが「極地探検訓練」と称して「無理やり登らされた」のでは?
その場にいた者にしか理解できない行動(判断)もあるのですが・・・
残念ですね・・・

最近「天気図」を書けない、読めない、予報できない方が冬山に足を踏み入れるようになりました。
プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: