スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TS-480HXの50MHzのプリアンプとノイズリダクション性能

ボキも念願の50MHz単独のアンテナHB9CVをあげたので、今日早速50MHzをワッチ。
ちょうど千葉県八千代のJA1ZYK 10Wのビーコンを聞いてみた。
わざと、少しBEAMをずらしてぎりぎりに聞こえるようにしました。(プリアンプオフで)
聞き取れますが、ノイズが五月蝿い。プリアンプ入れると Sは5程度まであがり力強く
聞こえますが、同時にノイズも増幅される。ここで、TS480のNR1(ノイズリダクション1)
を使う。そうすると、かなり低減される。さらに NR2を使うと デジタル処理された
フニャフニャな音になりますが、さらにノイズは消え 符号の認識はまた上がります。

それをスイッチにて繰り返した動画がこれ。。



うみゅーー。
聞いていたら、JA1ZTLの50MHz移動したくなってきたな。
今度、やってみるか。。

Bye for now
Dirtbike rider aka JA1ZTL(OP:Goro)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

やっぱりそう思いますか?ボキもそうかな?と思って載せてみたのです。
でもね、どうも TS480は近接に強力なのがいると 抑圧に若干弱い
ような気がします。抑圧の処理は八重洲の方が良いように感じます。
AGCの設定で抑圧少しは良くなるか??今度試すかな?

No title

FT2KのDNRよりマイルドでいいね。
FT2KのDNRは、IF-WIDTH絞ったCWでONすると、CWが消えちゃうことが多いです。

DSPのプログラミングは、ICOMやKENWOODの方が優秀だと思います。
FT857のDSPも効きが甘いというか、単なるトーンコントロール程度の効果しか感じませんし。

でも、ICOMのHF機は好きになれないんですよ。
あのデザインが生理的に受け付けません。
プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。