お仕事

の話。。。
ボキは、多くの機械製造を事業としている バカでかい会社
のとある部門の子会社にいます。
あくまでも 子会社なんですけどね。。

さて、親会社は大きいので、リスクが分散して、この不景気でもどうにか しのいでいます。
しかし、私がお世話になっている部門は、計画に対し70パーセント減がみえてきた。
なので、壊滅的なのである。
どうも、各種部門がグループ単位で 色々なまだ多少の余裕のあるところに
バラバラになって吸収されるようだ。

それに従いボキの勤める子会社も部門の再編成及び縮小される模様。

さて、ボキは 中途半端な年齢に加え、中途入社を4年前にした。。
こんな中で生き残れるのか?

前の会社では、色々な難局を20年近く乗り切ってきたが。。
今回は、自信がない。
何しろ、体力・知力??が無い。最近。(前からか??)
大丈夫か?ボキは。。

今日は、「金麦」飲んで酔ってしまった。。


bye

コメントの投稿

非公開コメント

げげ! 同窓生でしたか。。。
今度、「ろーにんじだい」の事書いてみるかな。

No title

おお、同窓生!(笑。私も、駿台でした。御茶ノ水でしたけれど。当時は、午前理科(前理)とか言っていたかな・・・。確かに、駿台は下手な大学より入るのが難しかったですね。研数学館は、大塚でしたっけ・・・。もう無いのでしょうね。代々木も研数学館も模試を受けに行ったことはあります。

山本義隆さんは、名前だけは良く知っています。大学闘争盛んなころ、朝日ジャーナルで、九州大学の倫理学の教授と往復書簡を公表し、「自己否定」の論理について語っていました。新左翼も、その後崩壊してしまいましたね。予備校の教師には、そうした経歴の方が何人もいました。

工学系から医学への転向・・・機械弄りよりも、人間相手の仕事をしたかったから、でしょうか。哲学から、精神医学に関心が移って、医学部に入って精神科を専攻するはずが・・・いつの間にか、子ども相手に仕事をすることになってしまいましたが。無線でも人間への関心という傾向が大ですね。高専卒のまま就職していたら、今以上に、この経済の激変に翻弄されていたのだろうなと思います。masaPさんの世代は、本当に大変な状況だなと思いますね。身体を第一にやり過ごしてください。

No title

Shin さんは 元は機械系であろとの事は知っていますよ。
久留米高校の話題の時に知りました。

何故、医学の方へ転向されたのでしょうか?
私は、実は、2浪もしているんです。。
その間、1浪目は研数学館、2浪目は駿台予備校(四谷校)だったんですが
この駿台予備校は当時、場末?の大学入るより難しかったんですよ。。LOL
でも、私は、私立理工科コースに入りたかったんですが、私立医歯薬コース
に廻されてしまったんですよね。
理由は、駿台の場合、私立・国立を問わず、皆国立コースに入っておいて医歯薬
科の勉強するので、私立医歯薬コースは人気がなく 駿台予備校の入学試験?
の際、第二希望に書いておいたので入れたみたいです。
大学の入試は、医歯薬も理工系も私立は、英語、数学、物理、化学と同じですから
特に 勉強には差がないのです。当時は。

なので、僕の予備校時代の友人は、医歯薬の方が多いです。
というか、歯学部と薬学部がほとんどですけどね。

そんでもって、駿台の物理の先生で、ちょっと、変わった方が居ましてね。
私が、そのことを母親に当時話したら、名前は?と聞かれて 山本義隆さんっていったら
え!!! って言って 
教えてくれました。 山本義隆さんの経歴を。。そんな方に私は物理を習っていたんです。Hi

そうそう、私の中学時代の数学の先生は、当時まだ 20台後半の気の弱そうな女性
の先生で、男子に良く泣かされていたんですけど。。。
私が、高校生の時に、成田闘争が激しくなり、開港前の成田の管制タワーに
地下から入って 占領した事件があったと思いますが、その時、女性2人が居たのですが
その1人が その中学の時の気の弱い先生だったんですよね。。
びっくりしました。。
結婚した相手の方がその系の人だったみたいですが。。

なんて、意味のない話をしてしまった。。

ともかく、私は、変わった方々に色々教わったんでこんな風になってしまったのか??


そうだ、
有機化学の 大西先生の講義は当時代ゼミしかなかったので、わざわざ 単科生になって
大西の有機化学を聴講しにいったなーーー。
懐かしい。。
あの頃のボキは一番 頭の回転が良かったかも。。
今は、トロくて ダメダメ社会人です。

この不況。。どうにか切り抜けますよ。。
多少レベル落としても。。

Bye




No title

私も高専の機械科卒です。もう定年間近の年齢層ですが・・・同級生達は、生き延びているだろうかと時々考えます。

年齢的にも、仕事の上でも大変な状況ですが、何とか生き延びてください。あと一頑張りですね・・・。

日本の輸出関連産業、製造業のおかれた状況は、本当に大変だと思います。
プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: