こっちの工事・あっちの工事

まずーーーこっちの工事(屋根・壁塗り)は、問題がちょろちょろ出ている。
ボキはクレーマーじゃないが。。

・雨どいを塗り忘れて再度足場を組んだ。(これはリフォーム会社と業者との
 間でのFAXに記載漏れがあったみたいなので、リフォーム会社が悪い)
・足場を外した時にコーナー出窓の強化ガラスを欠いた。(割れて一部脱落)
・雨どいの端部をハシゴをかけた際か分からんが、1か所割った模様。
・ベランダの金具部分をどうも 下塗りをした後、2回上塗りをしたみたいだが
 一回目の上塗りでは問題なかったが、(一回目の時はボキが目視している)
 2回目をしたのを見たら、表面ザラザラ すなわち ホコリか何かかが
 あるのに塗装をそのまましたみたいだ。

あとは、営業が言っていたことと実際の業者のやることとかなり喰い違い
がある。←程度問題だが、上記の件があるので、ダンダン 許せなくなってきた。

なもんで、実はイライラしている。

そんな中、まず、伸縮ポールに 3.5M:V-DP、144/430:GPを付けて
屋根より低い状態で 一応限定QRV可能にした。

20091101_1.jpg

※暗くなってから携帯で撮ったので、またまた 強引に 写真を修整してありますので
  色調や明るさがややおかしいのは勘弁してくだせー。


さてさて、あっちの工事の方。(アマ無線のルーフタワー化)
ある業者とメールでやりとりしていたが、面倒になったので金曜から
TELにて話した。こちらの疑問点・希望点・心配ごと 等。
結果、今日の朝 下見にくるとのことになった。
朝 10時半 アメ車が。。。。
担当の**さんが我が家に来て、まずは、外から状況を確認。
ボキが頼んでいるのは CR-30の3mルーフタワーなんだが
何故もう少し背の高い、4m~4.5mルーフタワーにしないのか?と
まず、尋ねられた。
ボキは色々考えがあり 全てのボキの考えを伝えた。ボキの考えは
分かってもらった模様。
一番は物理的に3mルーフタワーでも南側のステー線がかなり急角度に
なってしまうので、3mあたりが ボキが考える安全範囲の限界かと
考えている。

次に。上記写真にあるように 我が家には UHF2基 VHF1基のTV
アンテナが屋根中央に鎮座している。これをどけないといけない。
最初はVHFのアンテナを外して、UHF2基にしてそれを北側壁面
に金具を打ってそこに取り付けるイメージでいたが、アンテナが14年も
経っているのでサビサビなのでR。ここは、再使用はあまり好ましくないし
壁面取り付けもちょっと面倒。。
そこで、今回設置するルーフタワー自身からステーを出してそこに一基のUHF
アンテナを付けるという方針変更。
因みに、UHFは地デジ用ですが、旧アナログ時代に 我が家ではUHFでも
チャンネルによっては、映りが悪いので2基用意し 中継局2局受信の為
違う方向に向いたアンテナを備えている。
しかしながら、地デジはゴーストとか無いので、映るか 映らないか(信号強度
が弱いとモザイク状態になるのは知っているが)なので、ここは、1基のUHFアンテナ
で大丈夫と思って決めた。
さらに、地デジはこの近辺の中継局を将来どうするのかがどうもちゃんと
決まっていないみたいなのだ。一部の中継局の出力を落としたり、指向性の
あるアンテナにするとか完全移行するまでにするみたいだ。なので、現在の
中継局が必ずしも、存続するとは限らない。さらに、我が家には光ケーブルが
入っているのでそれでデジタル放送を観ることができので、TV外部アンテナは
将来無しにしてしまうかもしれない。
よって、今回はTVに関してはこの程度の工事にしておく。

そして、アンテナ購入費と工事代金の話に。できるだけボキができるところは
ボキがすると言ったが 将来何か問題があった場合どちらの責任なのか分からなく
なる可能性があるので、すべて やらせてくれと申してきた。確かにそう思うので
その辺は、全て任せることにした。じゃあどうするか? TV移設関連の部材と
144/430のステー出し部材はボキが沢山部材を持っているのでそれを使うことに
して、部材購入費をわずかに抑え、さらに少しだけ値引きしてくれない???
とのボキのお願いを受け入れてくれて、サクっと値引き額を提示してくれた。
ボキはその金額に納得。そのまま、家に入り、Wifeに 工事内容と代金を相談。
WifeのOKが出た。
よって、あとは、工事日を決めて、実行してもらうだけになった。
ただ、現在、アンテナ工事がかなりあるらしく、なかなか時間が取れないらしい。
(他は、タワー工事や業務無線工事みたいだ。ボキみたいにルーフタワー位は
あまり居ない模様)
なので、ちょっと時間は掛るかもしれない。

Bye
Dirtbike Rider aka JJ1IZW

コメントの投稿

非公開コメント

ろんさん
アンテナ降ろさなくても塗装はできると思います。
今回私が降ろした理由は邪魔という訳でなく、ベランダ壁に開けたネジ穴を塞いで分からないようにして欲しかったからです。
ただ、ロンさんの場合、屋根馬の足板部分は塗れないかもしれませんね。でもその程度の面積はどっていう事なかったりして。

ROYさん
へい、3r5なら出来ますが、高さがやや低いけど。

USTさん
ボキは、雨樋塗ってもらいましたが、庭裏の物置が雨樋外さないと入らない部分にあるのですが、留め具ごと塗られたので外すのが大変でした。
それと、普通の塗料だとアルミ系の雨戸とかは塗らない方が良いみたいです。熱膨張が大きいのと塗料の載りが良くないので浅い年数でバリバリ割れるそうですよ。
ただ、最近はアルミでも結構長持ちするものもあるようです。
この辺は、あの酔挙打鍵のお方が詳しいはず。Hi

No title

うちで一番困ったことは、電動シャッターを塗って乾いたら、動かなくなってしまったことでした。

No title

自分のXも屋根への設置は嫌なようです。
なのでベランダからの仮設置ばかりです。
ル-フタワ-にあこがれますが、夢で終わりそうです。
こおなったら移動運用で大型八木ANTをグルグル回そうか!?
これも夢で終わりそう・・・

ANTが仮設できたそうで、またCW.SSBなどヨロシクデス。

我が家も屋根や破風が相当傷んで、業者がしょっちゅう尋ねてきます。
遂にXが業者にそそのかされて「早く防水処理をしないと・・?」と言い出しました。
「その為にはアンテナを一旦降ろす必要が有るので、費用が高くつく・・」と私は抵抗しています。^_^;
Xは本音では「あんな厄介なもの(アンテナ)は取り外してもらいたい・・」が本音ですので、再度あげるのはかなり大変そう・・・?
どうしたものか、悩んでおります。
プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: