クリエイトデザイン 730V-1、2 の回転止め

私は、無線で クリエイト730V-2 の V-DP
友人2人は片翼1m程長い730V-1を使っている。

いずれも、強風でアンテナがポールから回転してしまう現象がある。
これは、730系のV部分を支える板が悪いように思う。出っ張り部
のスパンが短いし丸みを帯びているから、周り易いのですよね。
でもある程度以上のトルクが掛ったら回して破壊から逃げると
いう考えもあるので、何が何でも回転防止というのも危険に
なる時があるので注意ですね。

さて、こんなふうにしたら、回転防止になるかな?
2009101_1.jpg


こうするには、U字ボルトを使わないで
これと
m_kanagu.jpg

これを使えば
B1015.jpg
できると思う。





でもね、1人の友人はこのように対処していまのところ回っていないとのこと。
shapeimage_2.jpg
これで下部にも付け加えたら、結構丈夫だと思う。
ただバランをもう少し下にずらさないとできないけど、まあ大丈夫でしょう。
ちなみにこの写真ではバランからエレメントに繋ぐのを板材を使っているようですが
多分、これは、50Mhzのオプションエレメント同士を繋ぐ為のものだと思う。
私は、変な力がかかりそうなので、ここは普通の電線使っています。

皆さん苦労してますなーー。


Bye
Dirtbike rider aka JJ1IZW

コメントの投稿

非公開コメント

分かった

東さんが、バランと一緒に回ったというコメントを読んで気がつきました。
もしかしたら、良く回ってボキみたいに線がぶち切れてQRV出来なくなる事象が多いので、板材にして回転してもバランも引っ張りバランも回転させQRV出来なくなるのを防ぐ対策したんじゃないかな?
根本的なとこで対策して欲しいであります。

バランをプレートに付ければ、回ってもOKっていう考えもありますね。

へい、ボキはギザギザ君好きです。
でも、何故か傾向として小径にギザギザ君が多くて大径にはギザギザ君ないのですよね。

No title

給電線のバタフライは、いつの間にかビニール線からSUS板に変わってます。私は嫌なのでKIVと圧着端子で作ったものに変えています。少し長めにして同時に周波数調整もしました。

やっぱ、ギザで食いつかすしかないですよね。
上下にBJB式を入れるのは、SUS板をやめれば楽に出来ます。

ギザ付き座金を入れるのは、1本づつ処理してやれば上げたままでも出来ます。プレート側に入れない方法ですが。

年に一度の台風で回るだけなので、対策の苦労がどこまであるかは微妙です。うちはわりと楽に直せるので特に。


No title

いやいや,さすがに今回の台風には負けました.なぜか今までとは逆方向に,追加Uボルトとバランごと15度ほど回ってました.
プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: