スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんと なんと!

20090721134436


なんと、恥ずかしい。
前の記事のネジのせん断ですが。。。
ボキの圧着工具にもネジカッター付いているやん。
ただ、工具の厚み分は切れないのですね。
でも、今回はこれでもでけたみたい。

bye

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はい結構でかいボルト(ネジ)だとせん断した後でも
修正は楽なのですが、M2.6とかM3のネジの修正って
結構難しいというか、見えないんですよね。。

ボキは、見かけは若く見える(本当か?)けど
結構、体ボロボロなんですよね。最近は老眼が
ひどくて、たまらん。
参ったなーー。

No title

電気工事士はもう少し違ったタイプを使います。
この手のタイプは通信関係、電装関係者等の方々が多いようです。
電気工事では「小指」ぐらいの太さのボルトを、かなり多く使います。
それこそ色々な事に使います。
「ハンド式」「油圧式」「充電式」「カナノコ」・・・
好きな長さに切って「サンダ‐」で断面を滑らかにして使います。
細いボルトでも、長めの物を買ってきて「圧着工具」で切断して使えます。
ワッシャ-、スプリングワッシャ-、ナットなどを使えば、ある程度自在に使えますよ
通りすがりの電気工事士でした。

そーなんですよね。
なんとなく見てはいましたが、カッターと認識していませんでした。
だけど、何故、電気関連の工具に付いているのだろう?
電気工事にネジをカットする事多いのですかね?

No title

あっしも初めて気が付きました。
色々考えてるんだなー?よ感心!

No title

ねじ山つぶれないようになっているんですよね。
構造見て感心しました。

でも、この手ので安物って、すぐ圧着部分(ギボシよく使います)がナメちゃうんです。うちのもそろそろ駄目っぽい。

No title

私が持ってるのも,これですHi
プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。