SST40のクリスタルの発振が止まる現象を解消

SST40ですが、改造途中で2つの問題が発生していた。

1、 特注したクリスタルを2つパラのス-パーVXOにして7.1M台可変が
   6.8M~7.124Mまでもの凄い広範囲で動く。
2、 7.0Mと7.1M台の両水晶(クリスタル)共、下に引っ張ると下側の方で
   発振不安定もしくは停止してしまう。

今日、帰ってから色々みたけど、まず色々取り回して配線が長くなっているが
これは、あまり短く出来ない状態。(でも極力短くした)
そんでもって、VXOのLですが、約15μH強のトロイダルが付いているのですが、
これをマイクロインダクタの14μHとか10μH程度のものを使用すると下に引っ張っても
発振はし続けることを確認。
クリスタル切り替えスイッチ追加とか配策が長くなったことで
VXOのLの15μHを境にして、NG/OKで分かれるようになった。

よって、私は、可変域が若干狭くなるのを覚悟してトロイダルを1ターン
減らしてみた。約、13~14μHになった。それを基板の裏側に付けて
試したところ、発振停止は無くなりさらに可変域もほとんど以前と
変わらなかった。
また、特注で作ったクリスタルは”VXO用”として頼んであるのでこれを
2つパラのス-パーVXO仕様にすると、7.0M台のノーマルクリスタル
との差が大きく出てしまうため、7.1M台は1個仕様にしてみたら。これまた
どんぴしゃで、7.109~7.125程度まで可変する。

これでVXO部は解決した。(基板裏のトロイダルは後で、マイクロインダクタ
に換装するかもしれない)

次にAF AMPの NJM386BDも正常動作しましたので、小型スピーカ
付けて聴いてみました。まあ、音が出ているという程度だけど、この大きさ
に全て入れようとしている現在、スピーカ径は妥協します。

そんでもって今日の分の動画は


http://www.youtube.com/watch?v=h-lDwGl5L0w


http://www.youtube.com/watch?v=G_6stXURDuk

写真は、またピンボケ。。まあ気にしない。

sst40090716_1.jpg

sst40090716_2.jpg


こんな感じです。
徐々に出来てきましたよ。。
ボキの SST40_X

Dirtbike rider aka JJ1IZW

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: