スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PFR-3のLM386の使い方

今日、ある事しようかな?なんて思って PFR-3の回路図
を見ていたんだけど。LM386の2番と3番に入力があるのですかね?
これ? こういう使い方は普通なのだろうか?

要は、サイドトーンとAFの入力は別にしているのか?これ?
回路図読めないんですよね。 HELP ME!


pfr3_lm386.jpg

Bye

コメントの投稿

非公開コメント

やはり、単に可変抵抗入れればよいのね。ありがとう。やって見ます。

No title

可変式にしたいなら2ピン手前にVR割り込ませばOK。
1Mを大きくしてもOK。
22Pを小さくしてもOK。
いずれかでピーを小さくできます。

No title

サンクス
そうすると
ボキは、サイドトーンの音量を変えたく思っていて可変抵抗入れようかと
思っていたのだが、NGなんでしょうか?
そう、PFR-3はサイドトーンの音量調整ができなくスピーカ使用時の夜とかに
音量抑えたい時とかあるし、逆に、外だと大きくしたいとあるんですよね。

どうすりゃ良いのか??


No title

この手の回路構成は良く使います。
このようにすると、非反転入力は音量調整が効く形で信号ソース(受信音)に、反転入力は音量固定でサイドトーンやビープ音に、それぞれが相手に影響を与えずミックスできます。
Walkman等で、音楽とビープ音をMixするのに使ってました。
プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。