FT817内部スピーカのクッション部

今日、私のFT817ND(2005年に新品購入)の内部スピーカ部
を分解してみました。
まず、音を抜かす為の穴とスピーカの位置がずれてセットされている。
これは、他の方のFT817もそうなっているとの情報より、これは
設計後、何らかの不具合があり 妥協したに違いない。
(多分コーンスピーカで(超)薄いものが入手できなく、代替品では基板に
干渉し、仕方なくずらしてセットせざるなかたのではないか?と想像する。
ケースをプレスする金型を一度作ったら、そうそう 金型変更はできない。
金型作る事は大きいコストだから。)

そういうことは、製造業に従事されていない方はある種ビックリするかも
しれないが、こういうことは良くあることです。

さて、さらにスピーカをばらしていくと、スピーカの縁に厚さが2~3mm程度、
幅5mm程度のゴム?ウレタン発砲材らしきもので、スピーカとケースの間に
挟まっていて、大きい振幅の時にコーンがケースに触れないよう小細工がしてある。

それがこの写真。手前がFT817のスピーカ、奥がボキがほぼ互換品を手持ちで
持っていたので一緒に写してみた。(FT817のスピーカは韓国製ですね)
front_another.jpg


どうでしょう?皆さんのロットでもこんな感じで付いているのでしょうか?
でもこれがいい加減にくっついていると、コーンとこのクッション(ゴムスペーサ)材
が干渉しそうです。
また、韓国製なので、まあまあの物でしょうが、この手のスピーカはJUN氏
も言っておられるように、かなりいい加減?に作ってあるので、音は鳴るけど
(準)不良品も沢山ありそうです。

次に、裏側ですが、裏側は、ブラケットにてスピーカを固定しておる部分です。
そのブラケットとスピーカの間には、これまた、ゴムのようなクッション材が
マグネットの周りにセットせれています。
それがこの写真
rear.jpg


さてさて、どうでしょう?皆同じなのだろうか?

Bye

コメントの投稿

非公開コメント

No title

同じです。スピーカーも韓国製です。
ブログに載せたので、MasaPさんの目で見て頂けますか?
プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: