スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水素自動車(水素エネルギー)

私は、EV EVと思っていたが、実際に買って乗っているうちに 段々、気持ちに
変化がでてきている。(ここ最近)

私は、ご存知の通り 原発大反対派なので、将来のエネルギーをどうすれば良いのか?
と本当に真面目に考えることがある。

電気エネルギーに変換するのに 太陽光、地熱、風、水力 色々とあるが、
自動車は、水素が良いのではないか?と思い始めている。
クリーンだしね。

そもそも、電気を貯めようとするから 技術的にかなり難しくなってきている。

要は、化石燃料はいずれ無くなる訳だし、核はもうコリゴリ。
じゃあ、ほぼ無限大にあるのは。。。と考えると。
水と太陽エネルギー(もしくは、マグマ等の地殻の熱エネルギー) これらは、地球上の
生物が絶滅するまで 存在するんだろう。
なので、これしかないのではなかろうか?

水素を生成させる際の電気エネルギーをメガソーラや地熱でやって 水素を化石燃料のごとく
使用すればよいのではないだろうか??

今、高圧水素はポンプがなくてもできそうだ。
以下が HONDAの基礎開発。

20120327Honda_system_590px.jpg

なんで、水素になかなか移行できないのだろう? 
昔、旧 武蔵工大が 水素自動車の研究していてその本を読みまくった時期があった。
いまこそ、水素を見直すべきなんじゃなかろうか??

bye for now
Dirtbike rider aka JJ1IZW

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おっ GICHさんは 母校なんでしたね。
VJQさんもでしたよね?

うーん、私は、武蔵1~3号とか言っていた時代を知っていて
昭和57年頃の本を持っています。
その後はあまり知らなくて、その後 MAZUDAが 水素にはロータリーが向いている
とのことで MAZUDAの方に気がいっていたので。。。

今年の6月の時点でMAZUDAは、 EVの電力供給エンジンとして水素ロータリーを考えて
いるみたいですよ。
n-seikei.jp/2012/06/post-9090.html

No title

私が在籍していた頃の話なので懐かしいです。学科は違いますけど。Hi
BMWのHydro7と言うのが有ったと思いますが、あれはどうなったのでしょうね?

No title

BWT-SAN
自動車会社(私の発言も含めて)が密閉性も知らずに 開発着手すると思います?
私は、現在では コストの問題だけだと認識しています。

なぜコストが高いか?というところを なぜなぜ?で 追求していけば
実用化も夢ではないでしょう。

P.S.
因みに、大型自動車はエアブレーキを使っていますが、空気でさえ
タンクから漏れ漏れですよ。 漏れる事前提で ちゃんと 信頼性を確保
しています。

No title

水素は漏れないように扱うのがものすごく難しいんですよ。
水素の原子番号は1番。一番小さく軽い分子です。このきわめて小さな分子を通さないようにバルブや配管を作るのが超難関。だから、良いのは判っていても(燃焼すると水しか出ない)実用化するのがものすごく難しいのです。

ヘリウムは水素の次に小さいのですが、ヘリウム風船がしぼんでしまうのは、口から漏れているのではなくてゴムから漏れているのです。ディズニーランドの風船がしぼみにくいのはゴムを使っておらず金属蒸着フィルムを使って、ヘリウムが漏れにくい構造になっているからです。それでもいつかはしぼんでしまいますが。

プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。