i-MiEV Mグレードはスバルラインの 富士山5合目までちゃんと登れるぞ!!

i-MiEV Mグレードは、スバルラインの 富士山5合目まで
電欠せずにちゃんと登れるぞ!!


i-MiEV Mグレード(廉価版:10.5kWhの電池) で富士山5合目まで登れるか
本日チャレンジしてみた。
実は、先日の 芦ノ湖チャレンジは、本当は 富士山登ってから行こうと思っていたのだが
富士山の5合目駐車場が混んでいる情報を得ていたので止めて 芦ノ湖だけにしたのであった。
なので、日をあらためた本日、富士山登山がもう人が少なくなってきているようなので
EVでの登坂実験をやってみた。

まず、ルートはお決まりの道志経由
相模原→道志道の駅→山梨県立富士北麓駐車場→スバルラインでの富士山5合目→(行きと同じ道で帰宅)

道志道の駅で 急速充電すれば 楽々 スバルライン入り口近辺の山梨県立富士北麓駐車場までは行ける
ことは先日の 箱根芦ノ湖に行った時の経験値で分かっているので 山梨県立富士北麓駐車場
からの話。
24h充電できる 山梨県立富士北麓駐車場でまず、85%でなく 100%充電を行った。
(今のところ17時閉鎖という情報があるが、案内所の人も言っていたが 24hOKとのこと。)
その時のメータ表示がこれ。
MTfuji_5_02.jpg

山梨県立富士北麓駐車場はこんな感じ
MTfuji_5_01.jpg



満充電にしてから 富士スバルラインの料金所に向かう。 ここの間の距離数キロ程度なのだが
2目盛りも消費して 料金所では14目盛りに。。。 そこから 気にせず 5合目を目指す!

勾配はさほどではないが、ずっと登りなので グングンバッテリ容量メータが減っていく。。
2合目過ぎた近辺で既に 9目盛り(半分近くになった) ここで むむむむ! 少しペース
が速いかな?? と思い(2合目までは、流れにのるというか、むしろ 後ろから車が
来ない位のスピードで走っていた。 lol。) 2合目を超えたあたりから スピード
をやや落とした。 それでも 前方に ゆっくり登って行くバスに追いついた。
その遅いペースのバスの後ろについて 一緒に登って行く感じで 5合目まで。。

結果、3目盛り残して無事到着した!! なんだ Mグレードでも 5合目までいけるじゃん!
(16-3=13目盛り消費:簡易計算で 8.53kWh消費した。)
距離は 満充電から 28.4kmなので簡易計算で 3.32km/KWh の電費!
普段の平坦道路の 2倍から3.5倍の消費量ですね。

富士スバルラインの勾配は平均 5%程度です。この位の登坂では
約40kmは 登って走れる距離みたいだ。


富士山5合目駐車場 到着
MTfuji_5_1.jpg

航続可能距離 12km 
MTfuji_5_2.jpg


山梨県立富士北麓駐車場からの距離 28.4km
MTfuji_5_3.jpg


で結構焦ったのが実は下り。
5合目から帰宅の為 下り始めたのだけど 勾配があまりないので Bレンジだと止まりそう
になってしまうので、Eレンジで降りた。そうすると 最初の数キロが回生がほとんどなく
逆に、ドンドン航続可能距離が減っていき 12km→9km まで航続可能距離が減った。
ゲゲゲと思ったが 途中から 4合目近辺から 勾配がややあるので そこから 順調に回生
し始め、 結局 満充電した 元の 山梨県立富士北麓駐車場の戻ってきた時は 8目盛り
まで回復したので結論としては、回生率は簡易的ではあるが 半分ですね。 かなり前
まったく違う違う坂道でやった時と同じように だいたい Mグレードの登坂して同じ
ところに戻ってきた時の回生率は半分(50%程度)と考えて良いみたいですね。

山梨県立富士北麓駐車場に戻ってきた時
MTfuji_5_5.jpg


半分あれば、相模原へは下りばかりなので 帰宅できる経験値はあるのですが、
結構ギリギリなので、また 山梨県立富士北麓駐車場にて 85%充電してから
帰宅した。 85%充電の時の 目盛りは 14目盛り。。
MTfuji_5_6.jpg

そこから 帰宅の途へ。 途中 道志道の駅で充電はしませんでしたが
通過時には 10目盛りを指していたので 山梨県立富士北麓駐車場→道志道の駅までは
4目盛り 消費しただけ。
そこからさらに 道が空いていたので コーナ攻めながら 帰ってきましたが
帰宅時のメータ表示は 7目盛りなので 道の駅からは3目盛り消費。
MTfuji_5_7.jpg


山梨県立富士北麓駐車場では 14目盛りで帰宅時には 7目盛りだったので
消費は7目盛り よって 帰りは 山梨県立富士北麓駐車場で充電しなくても
1目盛り残して帰宅することができることが分かる。
でも、やはり何かの時を考えて、 山梨県立富士北麓駐車場で少し充電してから
帰るか、道志道の駅で 少し充電すると 安心して帰宅できますね。

ということで、
廉価版の i-MiEV Mグレードでも
暖房や冷房を入れなければ 富士山5合目
まで行ける事は実証しました!


bye for now
Dirtbike rider aka JJ1IZW

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: