EVの急速充電

我が家の2nd CARの i-MiEV Mグレード(廉価版)ですが
電池容量は、10.5 kW/h です。

で急速充電するときの ボルテージと アンペアは

一生懸命 急速充電しているときは
2012_0723_2.jpg
刻々と変化はしますが、だいたい
275×100=27.5kW  27.5/10.5= 2.6C(クーロン) (時には 3~3.5Cの時もあります)


90%充電位になると
2012_0723_3.jpg
313×8=2.5kW  2.5/10.5= 0.23C 

です。2.5kWっていうと 普通充電は 200V×15A=3kWですから
普通充電しているときよりやや低い程度か同等レベルなんですね。。

因みに、急速充電器の残り時間は、全くあてになりませんので
注意が必要です。

ところで、i-MiEV Mグレードは マックスでも30kW程度なので
急速充電器は、現在 50kW、48kW、30Kw、25kW のものが混在していると
思いますが(ほとんど 48か50kWですけど) 急速充電器でなくて
中速(30とか25kWのことね)充電器でも 結局は急速充電器と変わらない
時間なんですね。。
こういうとこが Mグレードも魅力でもありますね。

bye for now
Dirtbike rider aka JJ1IZW

コメントの投稿

非公開コメント

No title

失礼。間違えた。記事中に 取り消し線入れて訂正しました。
MNI TNX

No title

Cはクーロンじゃないよ。
クーロンは、1Aの電流を1秒間流したときの電荷移動量が1クーロン。

充電でつかうC(そのままシーと読む)という単位は、電池容量(Ah)を1とした比率。
1Ahの電池を定電流1Aで充電するとき「1C充電」と言います。
倍速充電では2C充電(2A流す)
プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: