I-MIEV TYPE M PART2

以前このBLOG記事で 三菱自の I-MIEV(完全電気自動車:ハイブリッドではない)
のこと書いた。
http://dirtbikerider.blog115.fc2.com/blog-entry-1005.html

その後、実はかなり気になっていて、詳しく調べていくうちに少しづつ
気持ちが変わってきている。
まずは、値段なんだが。。 価格は 約265万
手がでないなーーと思っていたのだが、ここ相模原に居住していると
国:74万程度
神奈川県 国の半分:約37万程度
相模原市: 20万
の補助金がでる。そうなると 車の価格は 265-74-37-20=134万円 となる。
うーーん、魅力的!!
※ 東京都なんかは、都は個人はNGで法人しか補助金だしていないみたい。
  都知事は、車の事に関して以前のディーゼル規制なんかも考えるとわかっちゃ
  いないね!! ← 規制自身は良いのだが、まとめた 条例が悪かった。

次!
航続距離は、カタログ上は 満充電で 120km 多分良い時で実質は、80km~90km
(因みに、電池容量の多いTYPE Gは カタログ値 180km:ただし、約120万 Mに
 比べて高い。購入価格となると補助金等の関係から 100万高程度になる)

そして、ここで、夜間のヘッドライト、夏のクーラ、冬の暖房 となると
さらに航続距離は減る。一番厳しいのは、 冬の雨の夜間走行かな?
かなり、航続距離は減って50~60km程度でないかと 予想する。
いくらセカンドカー と言っても 距離短くてどこかちょっと行って帰って
これない ということが発生しそうである。
しかしだ、ネットで調べてみると、昨今は急速に ”急速充電”ができる場所
が増えており、都内問題なくあり、東名高速は 名古屋までの各SAに必ず
ある。
そして、TYPE Mは 充電池の容量が少ないのがネックなのだが
逆に、充電時間は短くて済むというメリットもある。
急速充電ならば、12分程度で 80パーセントまで 充電できる。
なので、あまり 充電時間は 気にならないような感じ!!

そしてなんと行っても、色々減税があるし 燃料代は ガソリンに比べて
約 1/10 程度だから どっていうことない。

また、家に充電用の配線工事をした方が良いのですが、今現在 7万程度で
業者はやってくれるみたいだ。(分電盤や各家の状況で変わりますが)

となると、日産のリーフより お遊び(勉強)カーとしては、
面白い! と思うようになってきた。

※ 多分あと5年もすれば、もっと 技術が進み かなり安くなるだろうし
  充電インフラも整い、電池も改良され 航続距離も伸びるでしょう。
  しかし、今の成長していく過程のEVが面白いと感じますね。ボキは。
  ハイブリッドは燃費は良いけど、所詮、ガソリンを使っていて従来の
  ガソリン車の概念のままの自動車。EVは、従来の自動車の概念では
  ないところが 興味ある。
  さらにだ、ここ最近ガソリン車でもハイブリッド車 並の燃費の車
  がドンドン リリースされてきている。なんだ、自動車メーカ やれば
  ハイブリッド並みの(もしくは超えている)通常ガソリン車やっぱり
  作れるやん!

I-MIEVは、軽自動車枠だが、電池重量で逆に重たくなっているが
非常に、ミッドシップ並みのレイアウトと重さから軽には無い安定さ
があり、さらには 電気モータは、発進から最大トルクが出るので
エレー加速が良いのだ。プリウスより速いよ、0~60km/h位は。







I-MIEVは、三菱の車だけあって衝突安全性も 軽なのだが
かなり良く、普通車並の剛性があり楽々試験もクリアできちゃうみたいですね。

http://response.jp/article/2011/01/22/150786.html

うーん! I-MIEV TYPE M 非常に悩むよな!

Bye for now
Dirtbike rider aka JJ1IZW

コメントの投稿

非公開コメント

No title

を!USTさんは、PHVのプリウスなのかな?実用車としては、正解かもしれませんね。
EV ONLY車は、未だ 実用車とは言えないと思っています。やはり、EVは 満充電で
カタログ値でなく、実航続距離で300km以上は走れないと、実用とは言えないですよね?

だいたい高速で200km~300km走ると疲れてくるので自然にSAに入りますよね?
その位でないと。。さらに 急速充電時間も待てて 10分程度ですかね?
これ以上、充電時間が長いと イライラしそうですね。

No title

我が家の1000CCのVitzは買ってから3年もたたないのでそのまま残し、12万キロ走ったかみさんの1300CC赤Vitzを交換することになりそうです。
1000CCで高速道路を走るのは疲れるので、もう少し余裕のある車にするつもりです。
トヨタのセールスマンが熱心なので、今月発表になるハイブリッド車になるかもしれません。
プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: