無料急速充電天国

私が住んでいる相模原市はEVの普及に以前から本気モードでやっているところなので
4月から 急速充電場所が次々と有料化されていますが いまのところ
相模原市役所と合同庁舎関連は未だ無料で充電できます。

市役所
11201630_10153798556494867_3026032666436489454_n.jpg


合同庁舎
13530_10153801221354867_5121090605696544900_n.jpg

便利、便利

bye for now
Dirtbike rider aka JJ1IZW

久しぶりに乗った。


先週ですが、ライトテストを兼ねて

久しぶりに相模川河川敷及び道志の方

を走りました。

ライトは、バッテリですね。明るい!


タイヤ、ソロソロ変えないと。


Bye for now

Dirtbike rider aka JJ1IZW


2009 KTM 400EXC のタンデムステップ

私のKTM400EXCは、登録では2人乗りになっております。
当然、継続車検の時には タンデムステップの有無を見られる
わけですが、(レーサーなのでノーマルには付いていない)
私は特に KTMのEXCで2人乗りしようとは全く思わない
のだが、3.11以降 ”いざ”と言う時に機動性を発揮する
オフロードバイクなので使う機会がないことを祈るが、あったらよいかな?と思ってとレースをやっているわけではもうないので付けています。

特にでかいものでなくコンパクトなUSAの
バハデザイン オリジナルのものを使用しています。
これ結構良いですね軽くて邪魔にならないし。。
2人乗り登録もできるし。。

ご紹介。
210077.jpg

以下のサイトにあります。
http://www.bajadesigns.com/ProductDetail?ItemNumber=210077

bye for now
Dirtbike rider aka JJ1IZW

2009 KTM 400EXC 100W DC化

まず、2009の KTM400EXCはバッテリを積んでいるものの
ヘッドライトとリア灯火等はAC(交流)で光らせています。
これが暗くて暗くて過去に色々やったけど中々継続車検
通るまでの光量が得られない場合が多数。。
それと夜の林道でもかなり暗い。

なので過去にこのBLOGでも何回か
自分でノーマル ステーターで色々DC化
または交流リレーとか使ったりヘッドライト
ユニットをマスクごとH4ハロゲンのものに
したりとかしてました。そして、バッテリ直
のDC化もしましたが、ネックは発電量が
不足しています。ノーマルステーターでの
バッテリ直のDC化は明るくなり車検対応でも大丈夫でしょう。
(ただ、交流リレーを使う必要がある)

でも09の EXCはハイビームの時は
LOW/HIGH 同時点灯のスイッチなんで
これまた 普通に使っているとバッテリ上がり
しちゃいます。

なので、この際、お金で解決することに。。LOL

でも日本のショップのは高い。。
よって USAの TRAIL TECH というところの
SR-8313という型番のものを ネットで直に注文。
価格は $194.95+$48.29+¥1000(日本の消費税が関税のときかけられる)
よって、日本円換算で 2万5千円位で購入。
http://www.trailtech.net/stators-flywheels/ktm-stator-kits/ktm-4-stroke

これね。
2015_04_12_0.jpg

これは、100W DC化キットになっていて 100W以上発電
できるようにコイルが強化巻きになっていてレクチュファイヤ
レギュレータも専用のがあり、さらに DC化するときに今までの
ハーネスを加工しなくてよいように ジャンパーハーネスが付いて
います。

YOU TUBEに このキットの取り付け方がUPされていたので
見ましたが、一部仕様が異なっていました。


https://youtu.be/bt0iUYBIiDI
動画ではピンク線ですが、09の 400EXCは、赤/黄線
でこれをショートしないように殺します。

それと左のカバーを外してから分かったのですが、
グロメットからステーターにハーネスが入りますが
そこのとこのハーネス押さえ板を留めているボルト
ですが、写真のように 星型特殊ネジでT20でした。
2015_04_12_1.jpg

このネジかなりのトルクで締め付けられており電気用
工具の取っ手では上手く力が入らずナメちゃいそうなので
ご覧のように雌ネジのタップを切る時のハンドルを写真
のように使いました。これ便利ね、堅く締まった特殊ネジ
に上手くトルクが伝えられます。
2015_04_12_2.jpg

これ新旧のステーター。
当然見てのとおり下側が新しい強化ステーター。
2015_04_12_3.jpg

これをバラシタ時と逆順に取り付けます。
2015_04_12_4.jpg

そしてレクチュファイヤレギュレーターも交換して
説明書どおりに配線していく。
2015_04_12_5.jpg

出来上がり。光らせてみると。
明るい!!(Hi/Low同時点灯)
2015_04_12_6.jpg

これ昼間の壁に光をあててみました。
まず、Low
2015_04_12_7.jpg
次に Hi/Low 同時点灯
2015_04_12_8.jpg

しかしね。。。。
一つ問題が。。
2009年モデルは、一応と言っておくが、昼夜問わず走行時には
日本の法律ではヘッドライト点灯です。
それに合わせて09モデルには、OFFスイッチが付いていますが
それが動かないようにストッパー用金具付いております。
なので、このKITを付けたらエンジンが掛からなくても(止まっていても)
ヘッドライトが点きっぱなしになります。

これを回避せねばなりません。
それには、色んな方法がありますね。

・駐車時にはハーネスを引張ってコネクタ部を取り外す。
・メータの照明はフロントタイヤが廻ると
 点くようになっているので、これと連動させる。
 等が必要ですね。(これはリレーを一つ追加でできます)
・キースイッチ追加という方法
・後は、現行のライトスイッチ部の加工というのもありますが自己責任ですね。

bye for now
Dirtbike rider aka JJ1IZW
プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: