FC2ブログ

青色 ハロゲンバルブ

えーーと、ボキは、詳しく光の勉強をしたこともないので
えらそーーな事は書けないのですが、車やバイクで HIDバルブが出た頃から
HIDでなく 従来のハロゲンバルブのガラス部に 青色の着色
をして 55W→110W相当 5000K だの7000Kだの というふうに
書かれた ハロゲンバルブが売られているが、これは、表示として
不当のような気がする。

まず、K(ケルビン)は 明るさの単位ではなく これは 赤→白→青
にしたがって増える単なる 色の程度を表す数値であるので 明るさとは
全く関係ない。

明るさの単位は、ルーメン、カンデラ、ルクス等です。
詳しくは

http://costplan.jp/ke/light/tec-denkyushoku-akarusa-1.html

次に、55w→110W 相当と書かれているようなものもあるが、これは
何の比較なのかさっぱり分からん。 そもそも W(ワット)は
エネルギーの単位なので 明るさの単位ではありません。
従来のハロゲンバルブの「W」とは 明るさを示すものでなく
エネルギー消費量です。
(だって HIDの35Wでも充分明るいでしょ?)

なのでこの110W相当という表示には 何の根拠もなければ 意味も無い
と思うのですが。。。 
ここで、光量UPと表示されているならば、具体的な数字や
根拠が必要なはず。
K(ケルビン)が上がると光量が上がるということはありません。

次に車検対応という言葉が記載されている。
これにも ごまかされているように感じる。

これは、車検には 何ケルビン以下や以上が不合格という具体的
数値が無い(はずです??) 単に 車検官の見た目で判断
なはず。
で一般的には、6000K以上になってくると 車検官は
車検基準である。「白色」や「淡黄色」のこと から外れる
と感じるでしょう。そうすると NG。
よって、普通は6000K(色ですよ)以下なら OKなんです。

最後に、青い色というのは、フォグランプに使われていないので
お分かりのように、遠くに届き難い。
そして 人間の目では 明るく感じない色と言われていますね。

なので、青色を ヘッドライトに使うと暗く感じるはずです。
特に、雨の日、霧の日 なんかでは。

それだけの話。

まとめると、ガラスやバルブを着色して青色にしているハロゲンバルブは
ハロゲンの中身が同じそして構造も同じならば ノーマル クリアのバルブと
比べて明るくなる要素は無いと言ってよく、
むしろ 暗くて見にくくなる。 というのが ボキの言いたかったことでやんす。

兎に角、定量的に明るさを測る(比べる)ならば
ルーメン、カンデラ、ルクス で表わすべきでしょう。

P.S.
最近、登山等で使うヘッドライトでLEDのがあるけれど
確かに、消費電力がLEDは少ないので 一般の豆球より
長い時間点灯させることはできるけれど、どうも 暗いですね。
ここは、使用者の使い方次第ですけど、いざという時に 明るく照らす為の物
なんですから 豆球の方が良いと思うのはボキだけ???


Bye for now
Dirtbike rider aka JJ1IZW
プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: