FC2ブログ

89年式 RMX250R

89年式 RMX250R(当然レーサーです:但し、逆輸入車は、登録可能なので公道走行可能)
というバイクがあるのですが、ボキは非常にこのバイクには想い入れというか、なんとも
言えない 心を持っています。

89年より前は、エンデューロレーサーというのは、国内販売されているとすれば、4stのXR250R
位かな? 
空冷のKDX200Rとかあったが、イマイチ。
ほとんどの人は、一般に市販されている公道が走れるオフバイクを改造したりして
エンデューロレースに出ていた。
(ただし、外国車では KTMやハスクバーナ等既にエンデューロ競技専用に作られたものはあった)

まず、普通、一般市販されているオフロードバイクは、公道走行を前提に作られているので
足つき性や公道走行を考慮してしまうので、乗車してスタンディングポジションをとった時に、足とハンドル
頭の3つの位置が、非常に良くない。また、シートに座ったポジションも前方に座れず、これもダメ。
さらにサスペンションは、たいがい初期が堅い。それは、2人乗り等を考えられているから。
また、エンジン特性もマイルド過ぎる。

そんな中、89年にモトクロッサーRM250ベースだったが、SUZUKIが、RMX250Rと 真のエンデューロ
レーサをリリースした。
当時の本栖ハイランドで行われていた コンクヘッズのシリーズ戦の Aシード軍団はこれを
使い始めた。Aシードライダーは上手い連中なのにさらに RMX250Rは 水を得た魚のごとく
物凄いパフォーマンスを発揮して常に上位にRMX250Rは、入っていった。

ボキも1年半遅れで逆輸入車の中古を入手したけど、最初乗った時は、全てが過激にできて
いる感じで、乗りきれなかった。まずは、当時としては、エンジンが凄い。。
車重100kgあるかないかで50ps以上のエンジンさらに吹け上がりが速い。
(当時の市販車の2st 250はせいぜい35ps程度、さらに100kgを超えて重たい)

サスペンションはモトクロッサー譲りで非常に良くさらにエンデューロ用にソフトな
仕上げになっていた。ストローク量も300mmを超えていた。

燃料タンクも非常にスリムでコーナリング姿勢が上手く決まる。
まさに、ちょっとした夢のようなバイクだったのですよね。

で、そのような 速い(戦闘能力の高い)バイクは、非常にシンプルかつプロポーション
が良い。
そう、バランスが良いというのは、必然的に美しく感じるのでR。

下の写真は、ボキのではなく、友人のものですが、レストアーして今も残っていて
さらに 今でも使って走っている。
よく、戦闘機がカッコ良く見えるように(バランスが良いので美しく見える)
このバイクは、私の中では一番美しく見えるバイクなのでR。

完成 064Eメール


完成 042Eメール


うみゅーーー。21年も前のバイクなのだが、非常に美しいプロポーション。。。うっとり。

Bye
Dirtbike rider aka JJ1IZW

ほーー。 ひら課長さん Blog始めたのか。。

なんだか。。。。。

この記事に関し、コメント受付ますが、一切公開致しませんので
悪しからず。


Bye
Dirtbike rider aka JJ1IZW
プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: