FC2ブログ

Dirtbike Riderからみる 無線の縦振り 操作の考察

これは、あくまでも ボキの中での持論ですので、納得しない方は
そのまま、読み流してくださいね。

まず、ボキのちょっとした紹介は
・中学~大学の終わりまでずっとバスケットをやっていました。
・大学の終わり頃から オフロードバイクレースをやっていました。

でここから 共通することとして、
・何も練習すらしたことが無い人が、バスケットをすると、5分程度で
 息切れしてもう走れなくなる。
・バイクでダートを走ったことの無い人は、数キロのダートも走れない
たとえ走れたとしても、あっちこっちの筋肉に力を入れる為、ヘロヘロ
になり数キロ程度で、もう息があがるし、筋肉が硬直してアクセルやクラッチレバー
 の操作ができなくなる。

そして、ある程度練習してくると、上記のような事を長時間行っても
”へっちゃら”になってくるのでR。
このようなことは、他の事柄でも沢山あるのではなかろうか?

で、何故練習してくると疲れないか?(もしくは疲労が少なくなるのか?)
ということですが、確かに必要な部分の筋肉が付くということもあるのだが
それは、半分以下のファクターに感じる。(0ではないよ。)
じゃあ、何故疲れなくなるかというと、そういう動きをしながら ”息抜きポイント”
が練習することによって自然に作られて、筋肉を休めているからだと思っている。
これが、いつもボキがいう メリハリ なのです。

何故なら
ダートを走ったことの無い筋肉マンと体力に自信がある人が居て、その人と
現在、体力や筋肉がかなり落ちたしボキが、オフロードバイクでダートのコース
を競争したとする。 絶対にボキが勝つ。以前にもこのような事したことあるけど
必ず、勝てます。これはどんな若者がきても勝つ。
それは、多分60才位にボキがなっても勝てると思う。実際、60才超えた 知り合い
が未だオフバイク乗って遊んでいる人が居ますが、かなり速い。
(元仮面ライダーのスタントマンだったんですよ。←これ本当の話)

すなわち、耐久のような競技においては、瞬間、瞬間は疲労するけれども、必ず
”息抜きポイント”を作って持続できるように自然になっていくものだと思う。

さてここから本題に入るけれど、
無線の モールス(CW)での 縦振り操作の件ですが、あなたの方法は疲れるとか
決めつけているような発言が時々見受けられる。
それは、合っているけど 合っていない場合も沢山ある。
その人にとっては、他人の方法は、ある種 異種の動きなので当然疲れるのです。
でも、当事者は、その動きに慣れていて”息抜きポイント”を既に確立しているならば
全く疲れないのです。(疲れても息抜きしているので、ずっと持続できる)
違う動きであっても、耐久という観点からみると他の方法も沢山ある。

なので、縦振り操作において、自分の操作方法は何時間でもOKだ。そして他人の操作は
自分と違うし、実際他人の操作法を自分がちょっとだけやってみたら 非常に力んでしまって
疲れるのでその操作は、NGだ!と決めつけてしまうのは、非常に排他的であって論理的ではない
と申し上げておこう。

これは、縦振り操作だけではなく、一般論としても多く言えることだと思う。

兎に角、自分のやってきた方法がかなりのスキルUPになったからといって、他人が全て
同じ方法をとるべきという思考は、ボキの持論では偏っていて、
必ずしもそれだけではない場合も沢山あると言いたかった訳。

もっと広い視野で考えないと。

以上
Dirtbike rider aka JJ1IZW

 

3D テレビ

最近、電機(電器)業界では、3D テレビなるものが開発され
世間を賑わせている。

ここで、素朴な疑問。。

えーーーと、2つのカメラで撮った映像を2次元スクリーンに映してそれを
なんらかの器具にて 左右別々に見る。
という技術は、ずーーーと前から ありますよね?
筑波博とかディズニーランド、ユニバーサルスタジオとかでも見たし、
その他イベント会場でも良くある。(なので、30年前には既に見たような??)

して、何故今頃 騒いでいるのかボキには良く分からんのです。
どこが凄い 技術部分なのだろう????

そーーーね、ボキが驚くとしたら、これも技術的にはもう成功しているけど
ホログラフィーを用いた3Dだったら ”ほーーーー”とか思うにゃー。

Dirtbike rider aka JJ1IZW
プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: