FC2ブログ

車の排気量と燃費

えーーと、これは定量的には なかなか表わせられないので
一般的に言われていることとして、 4stガソリンエンジンでは
1気筒が、250~350cc程度が一番燃費を良くできると聞いたことがある。

理由は、現在の車用に作られたエンジンでのフリクションロスとか燃焼効率
を考えるとらしいですが。。 これ以外にも様々なファクターがあるので
これが一番とか言えないけれども。だいたいの目安ということで。
また、昨今は工作精度がかなり高くなっているので、やや大きい排気量
でも成立するとの話もあるので、もう少し上でも(400~450cc位?)OKかもしれない。
(私は、エンジンを社会人レベルでの専門に勉強したことないのであくまでも聞
 いた話ですよ)

でそれが確かだとすると(250cc~350cc程度で換算)
3気筒だと 750~1050cc
4気筒だと 1000~1400cc
6気筒だと 1500~2100cc

450ccまで考えると
3気筒だと 750~1350cc
4気筒だと 1000~1800cc
6気筒だと 1500~2700cc

確かに 一般的に省エネ車は、上記にあてはまるのが多い。
特に1000cc~1400cc程度のコンパクトカー
さらにHONDAのF1での黄金時代のエンジンは V6 1500cc TURBO
だった。あの頃は、給油が許されない時だったので出力を上げて
燃費が良くないと勝てなかったのでR。

また、ここはボキの知っている限りでの話ですが、上記3つの内
3気筒は振動バランスが悪いので △
6気筒はエンジンが重くなりがちなので ×

なので、やや振動はあるものの 4気筒 1000cc~1400cc 程度
が現在の一般的な設計では、燃費に関しては 良いと思っている。

で言いたい事は、上記に軽自動車があてはまらないということ。
かろうじて3気筒エンジンの軽自動車ならば、やや近いので
良いかな? でも上記からは外れている。

なのでエンジン単体での燃費だけを考えると、軽自動車は
必ずしも燃費が良いとは限らない。
バランスを考えると
4気筒 1000cc~1400cc の車が良いのではないかと考える。

また、事故を起こした時の事を考えると、軽自動車はやはり
普通車に比べて 大きさの制限から ”つぶれ代”を多く取れ
ないので不利なので怪我や死亡率は高くなるものと思われる。


ただ、実際、損保会社に勤めたことある人なら知っているのだが
どこそこのメーカの自動車は死亡率が多いとか あの車種
は死亡率が高いとかあります。
これは損保会社が統計した結果なので、だいたい正しいのでしょう。
事実、Wifeが独身時代の一時(すぐ辞めてしまったらしいが)損保
会社に居たので、ボキはダイブ前のことだけど、その情報を知っている。
少しだけ話すと、案外死亡率の高いメーカは軽自動車メーカでは
なかったのですが。。。。
なので、軽自動車だからといって事故の時の死亡率が高いというわけでも
ないみたいですけど。

P.S.
ボキが自動車で絶対に買わないメーカ。。それが、過去に死亡率が高かった
メーカですね。

以上!!
bye for now
Dirtbike rider aka JJ1IZW


プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: