FC2ブログ

KX1専用リニアアンプ その2

先日からちょっと、進展しましたので紹介。
アンプのファイナルの POWERモジュール IRF530の放熱
ですが、KEMの取説には結構マージンが無いようなことが
書いてあります。(10Wだと。5W位は楽々)
よって、ケースの中に入れるので、ノーマルのヒートシンクだと
熱が逃げ難くなりやや危険と感じ、やはり、ケースをヒートシンク
代わりにする方策を取った。この場合、IRF530とケースのGND
がショ-トしてしまうので、TO-220用の絶縁ブッシュとシリコン
絶縁シートを用いています。
これをやるには、位置決めが大変です。
よって、基板にIRF530をハンダするのは、すべてセットしてからにします。

まずは、IRF530を絶縁ブッシュと絶縁シートを使ってこのようにセット
kem_amp_4.jpg

次に基板を下ろしてきてネジで仮り止め。この時、大抵、「基板を固定するネジ穴」
「IRF530の足への基板の穴位置」「IRF530をケースに止める為の穴位置」
がピッタリいかないはず。
でも、未だ、IRF530を基板にハンダしていないので、IRF530の足の曲げ具合を
調整しながら入れられます。
入れた感じがこんな。(基板の下側にIRF530があります)
kem_amp_3.jpg

ここで、IRF530の足を基板にハンダします。
そうすれば、何度外してもOK! ピッタリ合います。
これは、HF POCKER AMPの手法と同じです。

絶縁ワッシャはちょっとでも噛むと、ネジがIRF530にあたり
ショートするので、慎重に作業が必要です。(ここ非常に重要!!)
ボキは、HF PACKER AMPで何回も失敗してファイナルふっ飛ばしてます。

そうそう、上記写真でノーマルと違うところが分かりましたか?
1、基板の矢印部分の穴を大きくしてこの穴からM3ネジの頭と
  精密ドライバーが入るようにしておきます。
  (そうしないと、外せなくなりますよ。ここもポイント)

2、フェライトビーズで作ったトランスの近くの抵抗が2個大きいでしょ。
  これは、入力1W用(ノーマルは0.3W程度に設定されている)に
  するため、51Ω(1/2Wタイプ)に変更しています。

3、LPFが付いていないのは、3.5/7/10/14 に対応するために
  別基板に作って接続する予定なので、ここでは組み込みません。

後は、LPF製作、スタンバイ機構をどうKX1から駆動させるか?アッテネータ
の製作、etcです。
マダマダ時間掛かりそう。。

P.S.
12~13.8V入力時にこのノーマル 7805の3端子レギュレータは、
放熱大丈夫かな??何か危険な予感。。 大昔の3端子レギュレータ
はこの位だと放熱板を付けたけど。。。


Bye
Dirtbike rider aka JJ1IZW
プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: