FC2ブログ

逆接続ダイオード取り外し実験

たった今、ダイオードスルーさせました。
電圧を測るのでなく、POWER計と ニラメッコ
しましたが、スルーでも、付けても、ほぼ変化なしという結果がでました。。
微妙に針が動いたか動かないか?
程度なので、ここを弄る 価値は無しと判断。。
ざむねむ。

それより、電池の方で電圧上げたり、内部抵抗の低い電池
にした方がずっと効果があると認識。

お騒がせしました。
でも実験で確かめることは重要だと思う。
やってみて 自分に納得させられる。

しかし、12Vで7MHZだと、2.8W程度しかでませんね。
まあこんなとこか?色々調整したけど。。。
他のBANDはやはり3W~3.5wまでいきます。
13.8Vだと7Mは、3.5W弱
他は4Wを超えるか?というとこ。
10MHZは他に比べてちょっとPOWERは出ますね。

こうなると、Outdoorにて4W出すにはやはり
13.8Vは必要になってくる。12Vだと足りない。
ここで重要なのは、安定化電源はやはり
安定化電源なのでそのまま出力がでますが
電池だと、送信すると1V以上電圧降下しますね
ここが痛い。

そうなってくると、通常は、単4×8本でも
12Vはかかるけど、実際の送信出力は
2W~2.5Wとなる。ややパンチ不足。

SST時代から使っている外付けの単3電池10本仕様
ホルダーで15V近くまであげて運用がOutdoorでは有効
となってくるようだ。
または、大容量充電池になる。

そうすると、PFR-3の存在価値も出てきた。
これは、電池12Vで4~5Wは出る。

Bye

いまから

映画を久しぶりにみます。マンマミーヤを。
今日は、20日なので1000円です。
場所は、橋本

バイ

つー と と とか ダッシュ ドット ドット

ボキはね、以前から周りの人には言っているのだけど。。
モールスコードを口で表現する時、 ツート とか ドット ダッシュ
とか言う人いますが、ボキはそう発音(表現されても)瞬時には理解できない
頭になっています。
すなわち、あの独特な100~1000Hz程度のToneでないと 符号として認識できません。

ボキはチャキチャキの新合調法ですが、覚えるときに、A1 Clubの HPにある
http://a1club.net/music.htm に置いてある「モールスミュージック」と一緒に
覚えたので、一切、ツートなんていう言葉や概念はないわけであります。

要は音楽で、メロディー感覚で 符号を覚えています(でも そのメロディー
が独特な言葉で聞こえているわけ:ターマーオーとか。。 けっして ツーツーツー
なんて聞こえない。)
実際にどんなに努力してもあのTONEが ツーとか トなんていう音には聞こえないですよね?
実際、モールスを全く知らないAtsuさんの娘さんも ツーではなくて、プーーっていう表現
をしているのをBlogでみました。
僕は、これが マサシク 物語っているように感じる。

何も知らない人は、ツーとか トなんていう音では聞こえないと思う。。
ビュー、プー、ダー、ブーとかなら理解できる。

よって、ツートと言える人は、昔ながらの 点と線 のイメージが
少しでも頭に入っているのではないか?と思う。

僕の頭の中には、長い、短い音という概念もないです。
単に、Nだったら 「うーー ん」 っていう風な感じに聞こえるだけ。
それが、同時に ターニっても聞こえる。
さらに、抑揚もないとダメですね。

言いたいことは、ツート という表現は 音感法からは 絶対に生まれないということ。

よって、ツートと言うことができる頭の回路と CWの音感法は全く違う回路とボキは思う。

それと、新合調法は決して スピードが上がらないものではないと確信している。
なぜなら、ボキは変換はしていないし、符号だけなら結構なスピードでも聞き分けられます
(文章は難しいけど)
例えば、プープって聞こえるのと ターニ って聞こえているだけの差だから。。
普通の人 → プープ はN
ボキ → ターニ はN (決して 最後はニで終わっているから Nだとは思っていない)

なのでボキの覚え方は音感法との違いは見つけられない。どこも変わらない。。。

Bye
プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: