FC2ブログ

KX1用 AF AMP Ver2

昨日作った、AF AMPですが、 JUN氏が 入力のコンデンサは意味が無い
という事と増幅率を弄る コンデンサを入れると、増幅し過ぎるとの 2点の指摘を受けた。

手持ち部品未だあるので、今度は、電源とスピーカー部だけに 電解コンデンサ2つ残した
Verを作って見ました。

ダイブ小さくなりました。25×14×9mmとなりました。
先のものとの比較写真は、こんな感じ。

fcz_lm386n4_2.jpg

どうでしょう? これならスカスカ状態で入ります。

さて実際に違うRIGですが ほぼAF 出力は同様な SST40で小さいVerのAF AMP
にてスピーカ付けて夜の7MHzをちょっと聴いてみました。
動画に撮りました。
最初のは、手で持って。
次は、ウラ蓋ではないですが、KX1の穴が開いている部分に手でセットしてみた感じです。

こんな感じ






どうでしょう??
私印象は、高域音の音量を上げると超薄型スピーカなので自身で ビビッてしまい
音が割れる時があるようです。高域をカットすればよいようです。
このスピーカは、コーン?が 外側に振れたときでなく、内側に振れた時にビビるようです。

昔ながらの通常のスピーカだと問題ありません。
うーーーーん 肝は、 スピーカですね。
このままでも問題は無いようですが、もう少し音質をどうにかしたいとこです。

このまま実装するか悩むとこです。。。。

このへんで寝ないと。。

Bye
追加訂正
高域じゃないですね失礼 低域(低周波数)の方でかなりビビリます。

プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: