PFR-3の改造 の続き

以前、PFR-3というKIT無線機の改造として、内蔵スピーカを取り付けた。
これは、LM386N-4にてAF AMPをかまして、使わない時は、AF AMPの
電源をマニュアルスイッチによって 遮断できるようにした。
KX1の内蔵スピーカの手法とほぼ同じである。

この続きとして、KX1は結構上手く作られており、ケースの開け閉め
は工具なしで出来るが PFR-3は ネジ回しが必要である。
なので、KX1と同じように ロ-レットつまみの付いたネジに交換した。

PFR-3は、USA仕様なので ネジ類はインチネジ(ユニファイねじ)を使って
いるので、その辺のホームセンターでは、ロ-レット付きのユニファイネジ
は売ってないし、無くした時に入手し難い。

よって、ボキはやりました。。
やや大きめの M3のタップを強引にたてて、M3の ロ-レット付きに換装しました。

これにより、PFR-3の蓋の開閉が家でなくても工具が要らないので簡単にできるようになった。
すなわち、電池交換やメンテがクイックにできるわけです。

写真はこんな感じ。
これタップたて
pgr3_2.jpg


これ完成

pfr3-1.jpg

いかがでしょうか?結構良いよ。
でもケース壁面からでっぱっちゃうのですけどね。。。
KX1は下だから 気にならないようになっている。

何故したかって?? Heeeeee
それは、ボキの心の中に続きがあるからです。
頑張れ、PFR-3 KX1に負けるな!

そうそう ボキはKX1にやや不満がある。
受信時のフィルターだ。。
SST40やPFR-3より悪い。可変になっているせいか??
どうも、良くない。
広くすると、かなり広がってあっちこっちの信号が聞こえ、
結構絞っても 多少通り抜けて聞こえる。
ガツンと絞ると、今度はやや ひずんだ音になる。

ここは、あのSST君より音が悪く、不満だなーー。

Bye

日本の新幹線とPC用電源

再来年だったかな??来年だったかな?
新大阪~鹿児島間 の新幹線が3時間程度で繋がるというNEWSを
見た。結構速いね。。。

さて
ノートPCのバッテリーの持ち時間ですが、各社おおよそ 3時間は最低持つように
していると以前聞いたことがある。
これは、カタログ値でなく、実際使ってみての時間とのことらしい。

その理由はビジネスマンが 出張で東京~新大阪の間までを使うと
想定とのこと。。
ふーーーん。。
でも、ドイツの列車は全ての席でないけど、AC220~240Vが取れる電源ターミナル
がある。
なので、携帯の充電もOKだし、PCの利用も全くOK。結構便利。

日本の新幹線は、どうして 電源備えないのかな??
あった方が、色々便利なのにね。。東海道新幹線には無いよね??

それと、EUではほとんど列車内でも 携帯の使用はOK。
日本のように、やけに馬鹿でかい声の人はいないし
ゆったりと話しているので、五月蠅いとも感じないので
別段気にならない。。

それと、女性やご老人の荷物などは、近くの人が 何も言わず 当たり前の
ように、運んでくれたりする。
日本じゃ、車掌でさえ 見て見ぬふり。。

この文化の差はなんだろう??

EU圏特に ドイツ語圏の国に何年か住んでみたい。。

Bye



お仕事

の話。。。
ボキは、多くの機械製造を事業としている バカでかい会社
のとある部門の子会社にいます。
あくまでも 子会社なんですけどね。。

さて、親会社は大きいので、リスクが分散して、この不景気でもどうにか しのいでいます。
しかし、私がお世話になっている部門は、計画に対し70パーセント減がみえてきた。
なので、壊滅的なのである。
どうも、各種部門がグループ単位で 色々なまだ多少の余裕のあるところに
バラバラになって吸収されるようだ。

それに従いボキの勤める子会社も部門の再編成及び縮小される模様。

さて、ボキは 中途半端な年齢に加え、中途入社を4年前にした。。
こんな中で生き残れるのか?

前の会社では、色々な難局を20年近く乗り切ってきたが。。
今回は、自信がない。
何しろ、体力・知力??が無い。最近。(前からか??)
大丈夫か?ボキは。。

今日は、「金麦」飲んで酔ってしまった。。


bye

副振動?

ボキは、今迄、聞いたことなかった。
気圧の変化でなるとの事。
気圧の変化なんてしょっちゅうあるから 今回何故起こったんだろう?
通常の変化とどう違うのかな?興味ある。
他の火山とかの理由じゃなければ良いけど。。。
Bye

B747とA340

今は閉鎖されて新しい空港だそうだが、ちょっと前まで
香港の国際空港は「啓徳空港」と言って、着陸がものすごく
難しいと言われていた。。
エアバス社のA340とボーイング社のB747(ジャンボね)の映像が
YOU TUBEであったので紹介。
一見ジャンボの方が、斜めに着陸。。危なっかしいような気もするが
安定性は抜群なのかそのままもOK。かなりの安定性を感じる
この安定感は、凄いと思う。

ボキは、一目見て、美しいと見えるのは、設計は古いけどジャンボの方なんですが。。。
美しく見える=機能美=安定と考えるのだが。。

あなたはどっちが美しく見えますか?




KX1の充電に2つの抵抗を設けた理由は。

電気・電子・通信の専門家から 何故抵抗を2本(2回路)設けたのか?
1個で良いのじゃないの? という 指摘が。。

あれれ、ボキの考え方が間違っているのかもしれない。。
よって、恥覚悟でちょっと書いてみます。

まず、初期に2回路作った動機は間違っているとJUNさんに指摘された
ことは理解。
トリクル充電=最初から最後まで0.033Cで充電ではないぞ!
とのこと。
最初は0.1C程度で充電し、満タン維持する為に(自己放電分を充電させるために)
0.033Cを満タンに近い状態の時に流し続けるということでしたね?

ここまでは合っていると思います。

さて、ボキの場合、充電するには、色々なパターンが考えられる。
パラメータとして、
充電電圧 12V、14V、15V(13Vも考えられるけど面倒なので今回省略)
使う電池の容量 650、700、900、1000、1100mAh
である。
そして充電していくと、充電池の電圧が徐々に上がってくるので、充電電圧との差が
少なくなってくるので、抵抗値固定だと自然に電流値は少なくなってくる。

よって、理想は、充電開始が0.1Cで充電終わり頃が0.033C程度なら良いわけですよね?

それを実現させるには、使う充電池容量が固定されているならばOKですが
何種類かの充電池を使う場合も考えると 2個程度に分けるとカバー範囲が広がる
という考えです。
(充電池を混ぜるという意味でないですからね、あくまでも、ある時は
650mAhの充電池、ある時は1100mAhの充電池を使うという考えからです。)

EXCELの表で計算させたのがこれ
このエクセルシート

どうでしょうか? 青の部分が理想に近いとこと考えています。
よって、72Ω固定でも充電はさほど問題はないですが、理想から外れる部分も
あるので、24Ωと100Ωの2つを使うと色々なパターンでもほぼカバーできるから、
このまま使おうというふうに考えた訳です。
間違いがあるかな???? 
100Ωよりもう少し低い方がカバー率が良かったようですが。。
それはそれで、単純なミスと考えて下さい。

それと、充電2回路とノーマル回路の3回路になっていますがノーマルを
つぶさなかったのは、一次電池も使いたかったからです。

一つの抵抗でも、壊れる!という程度までにはならないようなので
OKと思っていますが、ニッケル水素は、ニッカドに比べて、過充電は
良くない(危ない)といわれているようなので、ニッケル水素の過充電
にならないような考え方です。

どんなもんだろう??

Bye

I don't know how to love him

今日 YOU TUBE見ていたら。。
I don't know how to love him
を歌う独特女性2人を発見。。 
良いじゃないですかーーー





むむむ。。。
好きになりそう

p.s.

A spellbinding performance as Mary by Sharon. Taken from the final performance of an amateur production of Jesus Christ Superstar in Jersey in 2002.

アマチュアなんですかこのジーザスは。。。上手いな。



でへでへ


なんと言っても フルサイズアンテナ

K5Dでしょうか?よく知らないのですが、珍局が取れないと、沢山の無線Blog
にて書かれていますね。。 200W トライバンダーでは無理というのが多いみたい。

やはり、シングルバンド それも フルサイズ HB9CVあたりでないと。。
と思う。エレメントは2エレで充分だと思う。
その昔、ボキも タニグチエンジニアリング の 21M フルサイズ HB9CV
を15mH位にて使っていました。
当時は、クラスタなんてないから、コンディションやEスポ情報が無いので
ワッチが命でしたね---。
でも、ちょうどCONDXが上がってくるタイミングなんて中々うまく掴めないので
難しかったですねDXは。。
隣町で僕と同じタニグチの2エレ HB9CV使っている人居たんですけど
その方は、フルサイズでなく、短縮だったんですね。
短縮って言っても80%位だったと思う。

そんでもって、その頃感じたことなんですけど、CONDXが上がってくると
DPや短縮HB9CVなんかでもフルサイズHB9CVとかとほとんど変わらなくできるんですよね。
だけど、大きく差が出るときがあります。

それは、CONDXがだんだん 落ちてきて、フェージングでギリギリかな?
なんて言うときが全く違う。ボキは当時はSSBなので、41~53位で聞こえている。
なんだけども、短縮HB9CVでは、聞こえていないようだった。
多分ロケの違いも充分にあるのだろうと想像はしますが、とにかく
ボキがDXと交信できるのは、いつもだいたいCONDXが落ちてきて
フェードアウトするまでの短い時間でしたね。

この場合こそ、シグナルは弱いですが、狙い目。
フルサイズモノバンドなら。

その差はフルサイズであると今でも思っています。さらにシングルバンドアンテナ。
多エレメントのBEAMはそれはそれで良いのですが、あまりにも 指向性がありすぎて
反って使い難いということもあるみたいですね。
なので、トライバンダーでなく、シングルの フルサイズ にすれば改善されると思うのだが。。

トライバンダーにしたい気持ちも良く分かるし、短縮を使わざる得ない事情も良くわかる。

だけど、その位の設備だと、DXやるには標準か標準以下ですね。
なので、真にDXをする際は自分の得意なシングルバンドを作るのが効果的だと思います。

って書いたけど。全くDX追ってないからなーーー。今のボキ。。
あてにはならん 記事でした。

バウワウ


KX1充電部の回路

KX1充電部の回路ですが、特に難しく考えていませんが。。
一応UPしておきます。
①はノーマルのまま。
②に24Ω抵抗とショットキーダイオード追加
③に100Ω抵抗とショットキーダイオード追加

そして、電池BOXからのコネクタを ① ② ③に手動にて
付け替える。これだけです。

kx1_chg_cir

又 KX1の改造 

さて、昨日、ダイオード(ショットキー)つけ忘れたので、今日付けてみました。
なんですが、ケースとかに接触すると怖いので、一応 空きコネクタにはダミーを
抵抗・ダイードには、布粘着テープで保護しました。ここは、本体ケースと±0mmの
感じなんですよね。電池ケースとは若干の隙間がある。
そんでもって、これが最終版

kx1_chg_final.jpg

でも話の続きがあります。
このまま、組んで、いざ ダミーロード繋いで送信。。
7M OK、 10M OK、 14M OK、 
3.5M れれれれれれ?? POWER計が8W近く。。。
13.8Vだと10Wも。。。。。。。
いかん壊れる。。。
すぐ電断。。
ばらしてみてみる。
れれれれ? プチプチ 線材を切った 切れ端が 基板上に乗っているのを確認
これかーーー。と思い。取り除いて 試してみる。。 を! 正常。。
ほんじゃ、再度 組み立て。 さて 3.5M で送信 
れれれれれれれれ?? またまた 8W。。。
おいおい、 さっきのゴミが原因ではない。。

うーーーん、ATUかな?とか思ってATU基板 押してみる。。
ありゃ?直った。。 3.5W位。。
うみゅーーーATU基板の接触か?? と思い ATU外して、 ジャンパー線取り付けて
ATUなしで送信。。 
れれれれれれ?? まだ 8W
ATU基板ではない模様。。
うみゅーーーーーー。
まてよ、LPFか???? と思いがよぎる
じっと基板を老眼の目で見る。。
良く見えない。。
しかし、じっと見る。。。。。。
あったあった、LPFのGND線がハンダが取れて浮いていました。
この写真の 黄色矢印部分です。
このGND線とコンデンサのマイナスが付いていないとNGです。
(写真は全て携帯で撮っているので、ちょっとピンボケお許しを)

良くここ 見つけたと 自分でも思います。。

lpf1.jpg

ここをハンダし直して確認。。3W程度。。
他のバンドも正常。。
良かった見つけられて。。
もうこれ以上KX1の内部を 弄るのが怖くなってきました。 LOL

そろそろ、外付けの方へ移行しますか?

Bye

続 続 KX1 改造  (パイプのけむりのまね)

今日、午後から、町田のサトーにPARTSを買出しに行って
帰ってきてから KX1改造をしてました。

本日のお題は、、「KX1に 充電池を入れた時の充電」 です。

先に JUNさんが KX1に単4 8本のニッケル水素の充電池を入れて
充電させている。
氏のBlogを読むと逆流防止のとこに パラに抵抗を入れた
と書かれている。
充電流は、100mAと書かれている。ということは 0.1C程度で標準充電に近い。
それと、抵抗をパラに入れると、通常の一次電池を入れたまま、外部入力端子
に電源を入れられない。

ここを改善する為にボキは、3通りの事を考えた。

1、KX1内部に一次電池を入れた状態で外部入力電源を繋いでもOK

2、KX1内部に充電池(ニッケル水素)を入れた時で外部電源を繋いだら
  (12V~14V程度を想定)運用しながらででも充電でき、さらに
  充電もできる。この時の充電は標準充電(0.1C狙い)。

3、上記と同じ考えだが、充電は、トリクル充電(0.033C狙い)。

ボキは、ボケ人間なので、充電していることを忘れる事が時々ある。
なので、通常は、3のトリクル充電も重要。これなら
多少のボケがあっても安心。。

よって以上3つ全ての事を解決するには、スイッチで切り替えればよいのですが
何分、KX1には、スペースが。。。 それと外部にスイッチがあると何か
の拍子に思惑と違うとこにセットされてしまうこともある。
よって、内部にスイッチを入れるのが良いと判断。

でも考えたら、ウラ蓋あけるのだから、スイッチでもなくてもOKだと思った。
一番は、ジャンパー線を用いた、スイッチ回路。特に問題は無いのだが
もっと視覚的に分かり易い方が安全と考え、3つの端子を設けておき、
電池BOXからくるコネクタを、3つのどれかに差し替える方式をとった。

それがこれ。
chgkx1_1.jpg
一番右が、1の状態
真ん中に挿せば、3のトリクル充電の状態
一番左に挿せば、2の通常充電の状態になる。

全ての基板をケースセットした状態がこれ。
chgkx1_2.jpg

そして、充電池(中国製ね 900mA/h)をセットし、裏から見ると
chgkx1_3.jpg

どうでしょうかね?
因みに、通常充電は、(12-9.6)/0.1=24Ω程度の抵抗
一応かなり余裕みて2W入れてます。(臆病なので)
トリクル充電は、(12-9.6)/0.033=72Ω程度なのですが
9.6V計算は、やや高いのと、外部が12Vじゃなく もう少し
高い場合もあるので、切りが良い100Ωを突っ込んでいます。
おおよその最悪でも、(14-9)/100=0.05なので
充分トリクルといえる。
その時は、抵抗には 0.25W程度かな?? ここも私は
臆病なので 充分マージンみて 2Wのもの入れました。

ということで、今日の作業は終わり。これで、電池無くなり
からは解放されるかな?

あ! 電源の差し替えコネクタはJUNさんと同じように
KX1の純正からモレックス2.54ピッチに換装しました。
JUNさんの記事は参考になるなーー。ほんと。
このKX1のコネクタってどういう仕様なんですか?
HF PACKer AMPでも使っていますが、USA仕様
なのか?ボキは知らないのですが。。。

そうそう、
今日ね、町田のサトーで 2SC1945仕入れてきました。。
高くなったねーーー。昔は、100円かそこら。今は800円強
です。
2sc1945.jpg

p.s.
ボキが充電で臆病なのは、子供の頃、ベットの下に自動車用鉛バッテリー
を2基装備させて、無線機やらラジオの電源にしていた時あったのですが
ある時、線材がショートして じゅうたん を 丸こげにした事あって、怖い
んですよね。その時ボキは留守で 母親が気が付いたんですが、バッテリー
だとは分からず、家の電源ブレーカを落としたんです。これじゃ だめね。
でも 運良く 兄貴が居て ボキがベットの下にバッテリーを置いているの
知っていた為、火災にはならず。。です。。
危なかったんですよ。本当に。


とここまで書いたら、
2と3にスルーさせるダイオード入れ忘れた。。。先に買ってあるのですが。。。
いかん。ボケボケです。
明日、追加して写真入れ替えます。
おおぼけ君でありました。



Bye
DIRTBIKE RIDER aka JJ1IZW

無線ネタ:ゼロインとレイトコール、弱い場合には呼ぶな?

無線運用上のマナーとして
1、±0でゼロインする。
2、レイトコールは ダメ
3、相手が弱い場合にはパイルに参加するな。

なんて言われることあるみたいですが。。

ボキは上の3つについてだけは、やや 違う意見を持つ。

1、ゼロインして呼ぶのが基本なのは承知。
  でもね、そういう人に限って、中級機以上についている
  簡単ゼロイン機能しか使っていないのでは?と思う。
  真に自分の耳だけで ±0のゼロインできるスキル持って
  いる人はどの位いるのだろうか?
  極力、努力はしますが、多少のずれは、別に良いのじゃない?
  と思っている。
  これは、あくまでも、極端な場合を除いてですよ。あくまでも。
  そうねーー。ボキの感覚なら、±200程度は仕方ないかと思う。
  無線機にもよるし、加齢による耳の不具合な人も居りますので。
  (ゼロインする努力は必要よ!あくまでも)
  パイルでは、ゼロインしていたら逆にNGね。。
  ピックアップする人にとっては、全員ゼロインされたら、もう取れません。

  あと、アマチュア無線というのは、そもそも メーカ製の無線機
  というのが当たり前ではないはずの趣味なんだけども、それが
  今日は、逆転してしまっているんですよね。これは仕方ないと
  思うけど。ここを(原点)忘れてはいけない。


2、レイトコールはダメ(お尻出しもダメ)
  これも極端な場合は僕もダメと思うけど、

  じゃあ、皆一斉に±0.0000秒 で同時にコールして コールサインが違うので
  違う符号長さなのに一斉に同時に終わらせるの??さらに 打鍵スピード
  だって皆違う。なので  そんなことできる訳ない。
  それと、その場合、結局一番強いシグナルで相手に届いている人から
  順番にピックアップさせるという感じになる。
  じゃあ、POWER競争、アンテナ競争(これ お金で解決)に頼るわけですね。

  僕が許される範囲と思うのは、2文字程度遅れとか、DEを付ける(本来DEは
  付けなくては法律的にいけないはず。。) エレキーで呼ばず、縦振りで呼ぶ。
  また、縦だと、特徴のあるDEを送出できる。
  この位は良いのじゃないの??
  受けるほうも、多少ずれると、2局分のコールを認識できるし。

3、ペディーとかの珍局やちょっとしたパイルとかで、相手が弱くしか聞こえない
  場合は呼ぶな

  これは、僕が無線に復帰してきて一番驚いたマナーなんですね。実は。
  これをNGという人の言い分は、弱いくせに呼ばれると、自分が取りづらく
  なるから。どうせ、相手はそんな弱い局をピックアップしないから無駄
  だし、周りの人に迷惑だから。。

  うーーーん何か違うんじゃなか?少なくとも、ボキが50Mhzにて山岳移動していた時
  には、このような、弱い場合は呼ぶな なんていう マナーは存在しなかった。
  
  シグナルが強い弱いでで判断はおかしいと思う。そもそも法律にて いくらKW免許
  が下りていても 「必要最小限のPOWERにて運用」と明記されている。
  この必要最小限というのも解釈が難しいとこですがね。。すくなくとも、R5なら
  良いでしょうね。

総括して話すと、
マナーは、守るべきと私も充分に思います。
ただ、ルールみたいに全てこれにしろ!
ということになると、面白くなくなりますね。特にパイル等
は、人の技量より、シグナルをいかに強く届けるだけ ということに
なってしまいます。これは設備(ロケも含む)だけの問題。

例えば、自動車のワンメイク・レースって言って すべて同じ自動車にて
レースを行うものありますが、これだと、あとはドライバーのスキルに頼る
とこがほとんどなんですが、無線に置き換えた場合、ワンメイクにすると
扱い者のスキルではなく、単に設備合戦になる訳です。
これじゃあ、ちっとも面白くないと思いませんか?

僕の考えはおかしく感じますか??

WHAT DO YOU THINK ABOUT THIS?

Bye
  
  
  

KEM  10W リニア基板(KIT)入手

貴田電子さんの KITであるリニアアンプを入手。

kem_power_amp.jpg


これを、KX1に使おうとするならば、
1、キャリコンを付ける
2、7M以外のLPFを作り切り替えられるようにする
3、入力部にATTを付ける

ということをしなくてはならない。

ボキの今までのスキルですと、キャリコン(キャリアコントロール)
を作った・考えた事は一度も無い。
それ以外は、どうにか分かる。

NETで色々検索中ですが。これぞ というキャリコン回路にまだ出会っていない。
なんか みな、あやふやな書き方しか見つけられない。。
うーーーーん、
キャリコンについて教えて下され。。

どなたかも書いておられたが。。

今日は、社休日で、午前中はのんびり、午後は、映画を見に行き、その後買い物。
夕刻の帰宅後、KX1をまたばらして、いじくっていました。

そのいじくっているBGMに7025±2くらいを帯域を広くして聞いていましたが。。
またまた、珍DX局を呼ぶパイルと妨害をする局(何故か海外コールでCQを出すまたは
CQ ホレを出す)
が沢山居ました。。さらに、ほっとけば良いのに その 妨害局に対して 
QSYだのLIDだの HEEだの ???とか。 相手にする人多数。。
どうなっちゃてるのでしょうかね アマチュア無線のJAのモラル。

このBLOGを読んでくれている人は、無線の趣味以外の人もいるので
書きますが、違う例えで書くと

例えば、高速道路を走っていたら、後ろから物凄い勢いで車があおってきたとしよう
そうしたら、それはいけないと注意の意味で、高速道路の車線を塞ぐ形で40km/h位で走行し
そのあおってきた車をゆっくり走らせ、本人満足。。
さらに、そういう行為をするときは、自分の車のナンバープレートを見えないように隠してやる。

そんでもって、後ろは大渋滞や事故まで。。って言う感じと同じでしょうか?
やっている人は、僕より年上の年配の方。。

こんな感じです。
どうなんでしょうかね?

逆接続ダイオード取り外し実験

たった今、ダイオードスルーさせました。
電圧を測るのでなく、POWER計と ニラメッコ
しましたが、スルーでも、付けても、ほぼ変化なしという結果がでました。。
微妙に針が動いたか動かないか?
程度なので、ここを弄る 価値は無しと判断。。
ざむねむ。

それより、電池の方で電圧上げたり、内部抵抗の低い電池
にした方がずっと効果があると認識。

お騒がせしました。
でも実験で確かめることは重要だと思う。
やってみて 自分に納得させられる。

しかし、12Vで7MHZだと、2.8W程度しかでませんね。
まあこんなとこか?色々調整したけど。。。
他のBANDはやはり3W~3.5wまでいきます。
13.8Vだと7Mは、3.5W弱
他は4Wを超えるか?というとこ。
10MHZは他に比べてちょっとPOWERは出ますね。

こうなると、Outdoorにて4W出すにはやはり
13.8Vは必要になってくる。12Vだと足りない。
ここで重要なのは、安定化電源はやはり
安定化電源なのでそのまま出力がでますが
電池だと、送信すると1V以上電圧降下しますね
ここが痛い。

そうなってくると、通常は、単4×8本でも
12Vはかかるけど、実際の送信出力は
2W~2.5Wとなる。ややパンチ不足。

SST時代から使っている外付けの単3電池10本仕様
ホルダーで15V近くまであげて運用がOutdoorでは有効
となってくるようだ。
または、大容量充電池になる。

そうすると、PFR-3の存在価値も出てきた。
これは、電池12Vで4~5Wは出る。

Bye

いまから

映画を久しぶりにみます。マンマミーヤを。
今日は、20日なので1000円です。
場所は、橋本

バイ

つー と と とか ダッシュ ドット ドット

ボキはね、以前から周りの人には言っているのだけど。。
モールスコードを口で表現する時、 ツート とか ドット ダッシュ
とか言う人いますが、ボキはそう発音(表現されても)瞬時には理解できない
頭になっています。
すなわち、あの独特な100~1000Hz程度のToneでないと 符号として認識できません。

ボキはチャキチャキの新合調法ですが、覚えるときに、A1 Clubの HPにある
http://a1club.net/music.htm に置いてある「モールスミュージック」と一緒に
覚えたので、一切、ツートなんていう言葉や概念はないわけであります。

要は音楽で、メロディー感覚で 符号を覚えています(でも そのメロディー
が独特な言葉で聞こえているわけ:ターマーオーとか。。 けっして ツーツーツー
なんて聞こえない。)
実際にどんなに努力してもあのTONEが ツーとか トなんていう音には聞こえないですよね?
実際、モールスを全く知らないAtsuさんの娘さんも ツーではなくて、プーーっていう表現
をしているのをBlogでみました。
僕は、これが マサシク 物語っているように感じる。

何も知らない人は、ツーとか トなんていう音では聞こえないと思う。。
ビュー、プー、ダー、ブーとかなら理解できる。

よって、ツートと言える人は、昔ながらの 点と線 のイメージが
少しでも頭に入っているのではないか?と思う。

僕の頭の中には、長い、短い音という概念もないです。
単に、Nだったら 「うーー ん」 っていう風な感じに聞こえるだけ。
それが、同時に ターニっても聞こえる。
さらに、抑揚もないとダメですね。

言いたいことは、ツート という表現は 音感法からは 絶対に生まれないということ。

よって、ツートと言うことができる頭の回路と CWの音感法は全く違う回路とボキは思う。

それと、新合調法は決して スピードが上がらないものではないと確信している。
なぜなら、ボキは変換はしていないし、符号だけなら結構なスピードでも聞き分けられます
(文章は難しいけど)
例えば、プープって聞こえるのと ターニ って聞こえているだけの差だから。。
普通の人 → プープ はN
ボキ → ターニ はN (決して 最後はニで終わっているから Nだとは思っていない)

なのでボキの覚え方は音感法との違いは見つけられない。どこも変わらない。。。

Bye

kx1 逆接続防止 ダイオード

PFR-3には、逆接続防止ダイオードが入っていない。取り説には、FUSEもしくは、ダイード入れれば
安全と書いてあった。
昨日、MIZUHOのピコの取り説を読んでいたら、逆接続防止ダイオードは入れない方が良い
FUSEの方が良いと 高田氏は言い切っている。

「理由は電圧降下があるから」、
ネットで色々調べたんだけど、やはり同じことが言われているようだ。
どんなにしても 0.6V程度は軽く落ちてしまうようだ。。
下手すれば、1.2V程度。。電池一個分にもなってしまう。
たかが、0.6V。。。されど 0.6V 
PFR-3はスイッチ式 電池と外部入力の部分もスイッチになっている。。
うーーーん。 ここは KX1の弱点か??
ダイオードをスルーさせて実際にどの位上がるか計測してみようか??
PFR-3ですが、PFR-3は楽に5W近くでるんですよね。KX1は、13.8V以上
入れてやっと。4W程度。。
ただPFR-3の5Wは無理しているとの記述もある。。

うーーーーん考えるとこだな。。 
実験君してみるかな??

明日は、社休日です。
Bye

ついにボキのとこにも

きました。リストラの嵐。。
今日、15時頃 上司より 呼び出し。。
現在の親会社の部門からは3月いっぱいで引き上げることになったとのこと。
理由は、その部門が -60%減(すなわち40%しか売り上げていない)
の予想だから、来期の予算がないとのこと。そこからは撤退せざる得ない。

で。。。FIREにはならないが。。。
ボキの新しい希望部門等の調査だった。
提示してきた部門は、皆 毛嫌いするようなとこばかりなり。

ボキはこうなることを予測しており、 既に、事前調査済み。
なので、こちらから XX部門のペケペケの仕事があるはずだ。
ボキはそこを希望すると伝えた。
上司は えっ! っていう表情だった。(何で知っているのか?という意味)
「そうかーーー。 調整する」 と言って別れた。

さてどうなることやら。。 

そうそう、
話は変わって、この石は
HFの POWER AMPにむいているかね??
http://www.mitsubishichips.com/Japan/content/product/hf/sirfpowermosfet/hfvhfuhf900m/hfvhfuhf900m/rd16hhf1.pdf

Bye

ボキの無線の原点は マイキット80

ボキはね。。。
小学生の3年か4年の頃かな? 父親から 学研の「マイキット80」
なるものをプレゼントされたんですよね。
今は、本体無いけど、取り説とか 回路図の説明本は未だ持っています。
それがこれ。

mykit1.jpg

どうです?
この時代にすでに太陽電池付いていたんですよ。その他は、
抵抗、コンデンサ、トランジスタ、ダイオード、トランス、
ガルバノメータ、バーアンアテナ、ポリバリコン、
ボリューム、電鍵、単三2本、006P一個 スピーカ、マイク
イヤホン です。
これで、実験回路80通り以上組めるという代物です。
当時はラジオを持っていなかったけど、土曜日の夜は
ラジオにして、良く、 TBS 小島一慶さんと桂三枝が
出ていたと記憶するが、 「ヤングタウン東京」を
聞いていました。

「土曜の夜は、 ヤングタウン東京!!
  ヤングタウン東京 ♪ ヤングタウン東京 ♪ 」って
 始まりました。。 良かったにゃー。

関西では何だったかな?似た番組があったはず。
名前思い出せない。。

そんでもって、昨日部屋の片付けしていたら、回路図集が
出てきたんですけど、ちょっと 久し振りに見てみた。

おーーーー!
素晴らしい発想の回路2つを紹介。

1つはこれ

mykit2.jpg


なんと、東京タワーに近い23区内ならできる、無電源で トランジスタ
を動かし、ラジオを鳴らすもの。。
無電源っていっても、検波した後の直流分をでかめの コンデンサに蓄え
それをコレクタ電源にするもの。


2つめは、
紙に鉛筆で黒く書いて 抵抗にするもの。
うーーーーん、なかなか。。この発想は。。。

mykit3.jpg

ボキは、これで、完全理科系人間になりました。
そうそう
子供の頃 オーディオのステレオアンプ作ったんだけど
シールド線を買えなかったんで、手持ちの線材に アルミホイル
巻いて代用したことありました。。
こんなんでも立派な??シールド線になりますからね。

今はこういう、発想は無いね世の中。。
ちょっと、寂しい。

ここを読んでいる、お子様持ちの方、
現代版のマイキットがあるから
お子様にプレゼントはいかが?

ばうわう。

今日は有給休暇でありました。

土曜日、日曜日と動きまわることは分かっていたので、月曜は疲れそう
なので、あらかじめ 今日は有給休暇取っていて じっくり休みましたよ。

朝は9時半起き。。 よく寝た。。
そこから、ぐたぐた。。。
そして昼も ぐたぐた。
そんでもって、夕方から夜も ぐたぐた。。

一日、グタグタ しておりました。
家の外に一歩も出ておりません。

YOU TUBEでこんなもの見つけた。
皆、こんなのでも見て、世の中 明るくしようぜ!!



オリビア ニュートン ジョンか。。。



おーーーこれは、エンゲルベント フンパー ディンク の太陽が燃えているだーー。



バウワウ!

親戚

12月30日に、いとこ が亡くなったんですが、(その方は、親より早く亡くなってしまった)
その方の49日兼納骨式及び親戚が集まって昼食を八王子京王プラザの一室を借りて
行なわれたので、行ってきました。

最近は、親戚や いとこ同士の繋がりが昔より薄くなってきています。
何故だろう?昔は、良く親戚で集まったものなんですが。。

親戚が亡くなったりすると当然親戚が集まる訳ですが
日頃会わないので、こういう時しか会う機会がないんですよね。
皆さんの親戚付き合いはどうなんでしょう?
そんなもんで、不謹慎かもしれませんが、いつも思うのですが、
亡くなった方、ご家族には申し訳ないのですが、いとこ同士なんかだと
このような場なのに昔の可笑しかった話で盛り上がったりしちゃう事
あるのですよね。(笑い声がしたり。。。)

皆さんのとこでも同じような感じでしょうか?

でもどこの国でしたっけ?
人が亡くなった時には、お祝いのごとく盛大にやって、音楽やら、踊ったり、お酒飲んだり
して亡くなった方をおくるっていうのがあったような。。。

ということで。。。
ボキの時は、悲しまず、笑っておくってくれて、構わないけど。。。
そして、焼かないで、ヨーロッパの田舎の教会に土葬でもして
欲しいと思う。。
どうも火葬はいやです。ボキは。。(熱そう!!)

Bye

ふーーーー WEST ENDか。。。

うーーーん、最近、仕事が定時帰りなので色々なことする時間が
増えた。。
そして、また、行きたい病が。。。 WestEndへ。。。
今、安くいけるんですよね。。ポンド暴落だし。。

日本では、最近マンマミーアが映画よりまた人気が。。でも、UKのものに比べると。。。これは、毎年行わられる本キャストによるPR用のコンサート形式ライブ。


これは、今はもう中止されているCATSです。
Phyllida Crowley Smith  さんですねーーー。
ボキにとっての一番のVictriaです。
女性なのに物凄い腹筋であることが分かりますね。
彼女は、苦労人なんですよね。
そこも好きなところ。


本物のこの回転はこの人しかできない。
日本のは。。。。。。。ノー コメント


ふーーーーーー。
行きたい。
Bye

幕張メッセ

に来ています。オートキャンパーの祭典であります。この車が売れない時に。。。
20090214145026

しかし、今日は、東京近郊、初夏のように25℃近くあり暑いです。

20090214145028

ボーリング大会

20090214074541


昨夜は、会社の組合行事のボーリング大会であった。我がチームは、2つに分かれて挑戦。一位、五位となった。
約25チームの中だから良い結果だ!
トップチームは、200越えるのでレベルは高いよ。
しかし、マイボーラーなのにあちきは、やや足を引っ張ってしまった。
反省!

さて、今日は、これから幕張メッセにお出かけです。バイ

今年の 宝塚の ELISABETH

は、ちょっと興味がある。
今年は、瀬奈じゅん さんがトートか。。
この方は、ルキーニ、エリザベート、トート と3役
できるわけですね。
ボキは、宝塚のエリザベート役では 瀬奈さんが
一番良かったように思う。(ただかわいさがちょっと。。。)

今年のELISABETH役も 普段、女役ではなく 男役の方(でも女性ね。はは)
がやるそうで。。。
迫力がありそうですねーーー。
観に行きたいです。
NEWSはこちら
http://www.sanspo.com/geino/news/090210/gne0902100502000-n1.htm

ボキは宝塚歌劇のファンではないのですが、このELISABETHという演目が
非常に好きなので、時々、宝塚のも見に行く。
でも、ほとんど女性ばかりなので、若干恥ずかしい。ポツポツと男がいる感じ。
なので、いつも WIFEと一緒じゃないと観れません。

さて、チケット取れるかな??

Bye

サンコー電子

サンコー電子っていうのが昔あったんですよね。
高校の時、RJX-601を盗まれたんですよ。
そんでもって、50Mに出れなくなったけど。。
ボキはここの モジュールで 50MHzの AM/FM トランシーバー
作ったんですよ。これが初めて、自分で作った無線機でした。

そのサンコー電子ですが、30年位前ですが、各種データーシート持っています。
以前、JUNさんの家に忘れて、取りに戻ったあれですよ。

sanko-ele_power_amp.jpg


その中に、50MHZ用ですが、 シンプルな POWER AMPのデータが
あります。石は 2SC1306×2 ですけど。。。。。

これも面白そうだな。。

Bye

KX1改造のその後と夢抱く

KX1にAF アンプと内蔵スピーカー及び タクトスイッチによる Paddle
を作ったとこで止まっております。 後は。。。。。
取りあえず、内蔵パドルの練習をずーーーとしてましたが、
発見しました。縦にKX1を置くと うまく打てます。

こんな感じ。。


これなら問題なし。。

さて、次へのステップですが、KX1のケースを手にしたときに気がついたのですが
HF PACKER AMPと高さは違うけど、同じ大きさなんですねこれが。。
実は、ボキは、2つ持っていて、1つは既に製作済みで、現に使っています。
もう一つは、まだ作っていない物があります。
その未製作のもののケースを重ねてみると。

kx1_35W.jpg

kx1_35w_2.jpg
 
どうでしょう?ぴったりなんですねーー。
そうすると、ビルトインではなく 合体方式を取ると、一気に 35W~40W機に変身しちゃいます。

と思ったけど。。。
このKITは、5A~7A近く食うんですね。
これは、移動時には、少し食い過ぎと考える。
それとここまで、POWERは要らないから 小型
そして、電源容量を少ないもので駆動したいですね。
移動時に10W欲しいと思うとき多々あり。
HOMEで2Wと10Wの差は何度も体感済みです。

よって、ボキは、
・KX1用 入力 ~5W
・出力:12W程度まで(10Wでもよい)
・3.5、7、10、14Mhz対応
・電源は、4A 定格で駆動して欲しい。最大 5A
・大きさはKX1と同じ大きさ。高さも同じか低いか。
・冷却ファンやヒートシンクは使わない。ケース冷却。
・高SWRでも、瞬時には壊れないよう保護回路もしくはそれに類する機構。

なんていう RF POWER AMPが欲しい!

ALT-PAっていうものが あるのは 知っていますが、
あそこまで POWERは要らない。
そのかわり、ヒートシンクやファンも要らない。
IRF510は 扱いがシビアみたいなので、他の石が良いなーー。
壊れにくい石ね。特に KX1の改良版の石の 2SC5739みたいに
絶縁ワッシャ要らないタイプが良いなーーー。

イメージは、MIZUHOのピコシリーズのオプションの POWER AMPです。
だけど、小型、4BANDに対応。。
こんなの設計してくれないかなーーー!!!

名指しで、JUNさん HW?

でへでへ。

Bye

しかし、不況だなゃー

取引先は、週休3日制があたり前に。それと、ぽつぽつ、つぶれる。
ボキは、ボキで現在、原則定時帰り。出張も部長判断にまでなっている。

でも、前の会社でITバブルの後の大変な時期よりは、ボキは未だ被害は少ない。ただ、今回は世界同一不況なので、ちょっと様子は違う。
警戒レベル上げないと。。。

ホーム メード カレー屋さん と内閣解散?

昨日、秋葉に買い出しした際、あっちこっち歩いたので、帰る頃には
非常に お腹がすいて、あーーー。何か食べたい!!状態。
駅の入り口近くに、「ホーム メード カレー」っていう看板がある
カレー屋さん発見。。
何か 家庭風のカレー屋さんかなと思って入ろうとしたら。。。

なんとーーーー。
今 秋葉の メイドさん狙い用の
「メイド さん のカレー屋」だったのね。
madeでなくmaidね。。
でもホームメイドって何?
危なく変な店に入るとこだった。
名前どうにかならんかな。あぶなっかしい。。

Hi
そうそう、結局、駅構内の ソバ屋さん兼カレー屋さんみたいなとこ入ったんだけど。
隣の人の声が大きく、ついつい 食べながら聞いてしまった。

服装は秋葉には似合はない きっちりスーツの2人組の人。
内容は。。。。。
「内閣総理府??が云々。。 そして 今度変わる」 と言っている
何か携帯で、偉そうな人とも何回か会話もしていた。。
一人の人が何か情報を得たいらしく、自分の友人を秋葉に呼び出し
情報を得て それを 誰かに携帯で伝えているようだった。。

一体なんだったんだ? あれは?
近々、内閣総入れ替えがあったら あの情報は正しいのだろう。。

マスコミ関係者ではなさそうでしたよ。官僚なんですかね?
それとも野党?
そんなとこです。

Bye ビー
プロフィール

Masayuki Okamoto

Author:Masayuki Okamoto
まさのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
今までの閲覧者数:

現在の閲覧者数: